読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高級ホテル宿泊記 真夜中のベルボーイ

国内外の高級ホテルの宿泊記を中心に紹介するブログ ホテル/エアライン/旅行/クレジットカード/カメラ/レストラン

アンダーズ東京 客室 ラージキングルーム宿泊記 2016年

f:id:richweb:20170505182553j:plain

虎ノ門ヒルズの高層フロア47~52階にあるハイアットグループの高級ホテル「アンダーズ東京」。今回は、昨年にラージキングルームという比較的広い客室に泊まることができたのでこちらの様子を紹介します。

【PR】アンダーズ東京の設備・サービス・宿泊料金をチェック[一休.com]

f:id:richweb:20170505182555j:plain

アンダーズ東京は虎ノ門ヒルズの開業に合わせて2014年6月にオープン。都内のハイアットグループの中では最も新しいホテルです。ロビーや客室のインテリアは他のハイアットとは一線を画すデザインで斬新。今回もタクシーで向かってエントランスから乗り込みます。

f:id:richweb:20170505182556j:plain

f:id:richweb:20170505182557j:plain

51階のロビー直通のエレベーターに乗ります。

f:id:richweb:20170505182558j:plain

ロビーには特徴のあるオブジェが飾られています。

f:id:richweb:20170505182600j:plain

ロビーフロアにあるウッディ―なラウンジ。リージェンシークラブやグランドクラブといった他のハイアットのラウンジは限られた宿泊客しか利用できません。しかし、アンダーズは全世界共通ですべての宿泊客にラウンジを開放しています。「自宅にいるような居心地のよいホテル」がアンダーズのコンセプト。全員がラウンジで寛いでほしい狙いがあるようです。

アンダーズ 東京は、友人の家のような、自由でバリアのない、居心地のよいホテル。お客様が自分らしいスタイルで過ごし楽しんでいただけるよう、形式にとらわれないサービスを提供します。
ヒンディ語で「パーソナル スタイル」を意味するアンダーズは、2007年にロンドンで誕生しました。アンダーズが大切にしているのは、あらゆる面においてバリアがないこと、シンプルでありながら洗練されているということ、そしてゲストの皆さまに、まるで自宅にいるかのようにくつろいでいただくこと。

引用:アンダーズ公式サイト

ラウンジでは、終日ソフトドリンクが無料サービス、夜はワインなどのアルコール類やカナッペが提供されます。深夜はスタッフはいないのでセルフで冷蔵庫を開けてドリンクを飲みます。まさに自宅のような居心地の良いホテルです。

ラウンジでチェックインを済ませて客室へ向かいます。スタンダードなアンダーズルームを予約しましたがハイアットゴールドパスポートのダイアモンド会員特典でたった4室しかないラージルームにアップグレード。

2017年3月から会員プログラムがワールドオブハイアットに変更。最上級資格は、ダイアモンド会員→グローバリスト会員に変更されました。

スイートルームを除く客室タイプは大まかに6タイプ。今回はその中で一番広い部屋にアサインされました。

・アンダーズキング/ツイン(50㎡)
・アンダーズベイビューキング/ツイン(50㎡)
・アンダーズタワービューキング/ツイン(50㎡)
・アンダーズパークビューキング/ツイン(50㎡)
・アンダーズラージキング(65㎡)←ココに宿泊
・アンダーズラージタワーキング(65㎡)

アンダーズラージはタワービューと合わせても8室しかないのでダイアモンド会員と言えどアップグレードされることはあまりありません。ラッキーでした。

f:id:richweb:20170505182517j:plain

コーナールームに位置するため外観に合わせたなだらかな曲線を描くレイアウト。

f:id:richweb:20170505182516j:plain

インテリアは他のホテルとは一味違ったモダンなデザインで好みです。

f:id:richweb:20170505182522j:plain

f:id:richweb:20170505182524j:plain

スタンダードルームと比べてかなり広いです。

f:id:richweb:20170505182523j:plain

木製デスクとソファーも大きい。

f:id:richweb:20170505182546j:plain

f:id:richweb:20170505182547j:plain

客室は47~51階にあるので高層階確約。窓から都内トップクラスの絶景が楽しめます。床から天井まで一面大きな窓が設置されているのも「景色を楽しんでほしい」という狙いが伺えます。

f:id:richweb:20170505182545j:plain

f:id:richweb:20170505182533j:plain

f:id:richweb:20170505182542j:plain

f:id:richweb:20170505182544j:plain

f:id:richweb:20170505182538j:plain

客室にある備品はひとつひとつがお洒落。宿泊客の大半は訪日外国人ですし日本らしいデザインは喜んでもらえそうですね。

f:id:richweb:20170505182543j:plain

BOSEのスピーカーには手持ちのスマートフォンやパソコンからBluetooth接続できます。

f:id:richweb:20170505182539j:plain

f:id:richweb:20170505182540j:plain

f:id:richweb:20170505182541j:plain

ミニバーはアルコール以外すべて無料なのは世界共通。ラインナップはお茶、コーヒー、虎屋の羊羹や明治チョコレート、ポンジュースなどスタンダードルームと全く同じです。虎屋の羊羹を食べるのが私の楽しみです。

f:id:richweb:20170505182525j:plain

続いてバスルーム。構造はスタンダードルームと同じで、円形の大きなお風呂とハンドシャワーとレインシャワー。文句のつけようがありません。(長風呂派の方々曰く、「テレビが付いていれば最高」だとか。)

f:id:richweb:20170505182549j:plain

バスソルトの用意もあります。

f:id:richweb:20170505182534j:plain

f:id:richweb:20170505182526j:plain

f:id:richweb:20170505182527j:plain

木目調のシンクやトイレもスタンダードと変わらずお洒落。

f:id:richweb:20170505182537j:plain

歯ブラシやくしなどのアメニティは木箱に隙間なく詰められています。

f:id:richweb:20170505182535j:plain

f:id:richweb:20170505182536j:plain

スタンダードルームとの唯一の違いはバスアメニティのブランド。ラージルーム以上の客室ではARGAN(アルガン)。ボディクリームの香りが好みでした。

f:id:richweb:20170505182548j:plain

もしも友人に「東京のホテルでおすすめは?」と聞かれたら、アンダーズ東京をおすすめします(予算もあるのでケースバイケースですが)。他と一線を画すお洒落なインテリアと眺望の良さは、初心者の方にも泊まり慣れてる方にも印象に残ると思います。設備も新しくて快適です。多くの方にお泊り頂きたいおすすめのホテルの一つです。

ホテル情報・宿泊予約

ホテル名:アンダーズ東京
ホテルチェーン:ハイアットホテルアンドリゾーツ
運営会社:森ビルホスピタリティコーポレーション
住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1−23−1 虎ノ門ヒルズ
最寄り駅・アクセス :東京メトロ銀座線虎ノ門駅から徒歩5分、日比谷線神谷町駅から徒歩6分、霞が関駅から徒歩8分、都営地下鉄三田線内幸町駅から徒歩8分
ホテル宿泊予約:アンダーズ東京-一休.com