読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高級ホテル宿泊記 真夜中のベルボーイ

国内外の高級ホテルの宿泊記を中心に紹介するブログ ホテル/エアライン/旅行/クレジットカード/カメラ/レストラン

虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 アンダーズルーム(ツインベッド) 2015年5月

f:id:richweb:20150719003058j:plain

先日の東京出張で虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京に宿泊しました。

 

ハイアットのダイアモンド会員を目指す身として東京出張は極力ハイアットグループのホテルに泊まるようにしています。

2014年6月に虎ノ門ヒルズの高層階にオープン!日本初のアンダーズブランド

 

アンダーズってなんだろうと調べたところ、

新しいタイプの高級なデザインホテル。「アンダーズ」はヒンディー語で「パーソナルスタイル」を意味する。ブランド誕生は2007年と比較的新しい。

 Wikipediaより

結構新しいブランドで世界的にもまだまだ少ないようです。虎ノ門ヒルズにあるアンダーズ東京は日本唯一のアンダーズブランドです。

 

このページでは前回宿泊したアンダーズ東京のアンダーズルーム(ツインベッド)の様子を中心に紹介します。

 

到着~チェックイン

虎ノ門ヒルズは下の写真の左側にある上部が三角形の建物です。この47階~52階の高層階にアンダーズ東京があります。高層階が確約されるのでパークハイアット東京と似てますね。

f:id:richweb:20150528002328j:plain

写真:六本木ヒルズから撮影

 

虎ノ門ヒルズは東京駅からタクシーで1,000円チョットの場所にあります。新幹線ユーザーには便利な立地です。

f:id:richweb:20150719003053j:plain

まだ開業したばかりなのかタクシーの運転手の方でも「アンダーズ東京」を知らない方が多いようです。なので、いつも「虎ノ門ヒルズの中にあるホテル、アンダーズ東京までお願いします」と伝えてます。

f:id:richweb:20150719003054j:plain

タクシーを降りたあとは専用エレベーターで受付のある51階まで行きます。エントランスかっこいい。

f:id:richweb:20150719003055j:plain

エレベータは1階→51階直通です。

f:id:richweb:20150719003118j:plainf:id:richweb:20150719003119j:plain

f:id:richweb:20150719003056j:plainf:id:richweb:20150719003120j:plain

 

 

51階に到着するとチェックインですが「フロント」がない。ラウンジでドリンクや軽食を取りながら、ipadを使ってチェックインが行われるスタイルです。

 

f:id:richweb:20150719003116j:plain

f:id:richweb:20150719003057j:plain

 

通常のホテルのように受付係とベルスタッフが明確に?役割分担されてなくて、チェックイン業務から部屋への案内まで一人のスタッフが対応します。通常のホテルではベルスタッフは「きちんと荷物を運ぶ」のが主な役割でホテルの細かい仕組みまではわからない人が多いです。しかしアンダーズ東京では受付にいるスタッフ一人ひとりがホテルに精通していなくてはいけません。

 

ベッドルーム:和のテイスト感が溢れるアンダーズルームツインベッドタイプ

今回宿泊したアンダーズルームのツインベッドタイプ。

 

部屋に入ると、水回り、トイレ、収納が入口左手にあって、奥にベッドルームがあるレイアウトです。

f:id:richweb:20150719003102j:plain

 

最もカテゴリの低い部屋ですが、広さ50平米とスタンダードなお部屋としては相当広いです。

f:id:richweb:20150719003059j:plain

洋室だけどかなり和風テイスト。

f:id:richweb:20150719003100j:plainf:id:richweb:20150719003101j:plain

f:id:richweb:20150719003122j:plainf:id:richweb:20150719003123j:plain

 

テーブルや棚には一枚板を使用していて、「和」を一層演出してくれます。

f:id:richweb:20150719003124j:plain

f:id:richweb:20150719003103j:plainf:id:richweb:20150719003109j:plain

 

すべての部屋に北斎漫画がおいてあるのには驚きました(笑) 

f:id:richweb:20150719003104j:plainf:id:richweb:20150719003105j:plain

 

ベッドサイドテーブルには、BOSEのBlueTooth接続できるスピーカー。スマフォやパソコンに登録してある音楽をスピーカーで聞けるのは便利ですね。

f:id:richweb:20150719003138j:plain

 

外の眺め

47階~51階が客室なので、どの部屋も高層階から都内を一望できます。アンダーズでは、スタンダードフロアがアンダーズルームビュールームに分類されています。ビュールームはさらにビュータワーベイタワーに分かれていて、アンダーズルームよりも高めの料金が設定されています。

  • アンダーズルーム(ツインorキングベッド)
  • ビュータワーツインルーム(東京タワーが見える)
  • ビューベイルーム(東京湾が見える)

今回はアンダーズルームなので東京タワーも東京湾も見れないけど私的には十分な眺めです。

 

f:id:richweb:20150719003135j:plain

f:id:richweb:20150719003131j:plain

 

f:id:richweb:20150719003132j:plainf:id:richweb:20150719003133j:plain

ミニバー:ソフトドリンク・スナック類は無料

見出しの通り部屋に置いてあるソフトドリンクとスナック類は無料です。ネスプレッソも無料。

f:id:richweb:20150719003106j:plain

ソフトドリンク類は品揃え豊富です。

f:id:richweb:20150719003107j:plain

明治チョコ、ようかん、あられ×2袋が無料です。ようかんが美味しかった。

f:id:richweb:20150719003108j:plainf:id:richweb:20150719003121j:plain

 

洗面所・バスルーム・アメニティ

洗面所のテーブルも一枚板です。清潔感があって広々しているのでゆったりと使えました。

f:id:richweb:20150719003110j:plain

 

シャワーは固定とハンド両タイプあり。

 

f:id:richweb:20150719003115j:plain

 

バスタブはオシャレな円形タイプ。足が伸ばせるくらいの広さはありますが少し深さが足りません。もう少し肩まで浸かりたかった。。。

 

蛇口がなくて、変わった場所からマーライオンっぽくお湯がでるのが印象的でした。

 

f:id:richweb:20150719003113j:plain

f:id:richweb:20150719003125j:plain

f:id:richweb:20150719003137j:plainf:id:richweb:20150719003114j:plain

 

トイレは洗面台やバスタブとはセパレートされています。もちろんウォッシュレットで。

f:id:richweb:20150719003111j:plainf:id:richweb:20150719003112j:plain

 

アメニティもいちいちオシャレ。歯ブラシやシェーバーはすべて箱包装されていて、木箱に詰められていました。  

f:id:richweb:20150719003127j:plainf:id:richweb:20150719003128j:plain

f:id:richweb:20150719003129j:plainf:id:richweb:20150719003130j:plain

 

また、宿泊者全員に靴磨きを無料でサービスしています。お届け時刻も指定できるし、お願いすれば1時間で磨いてくれます。出張で泊まっている私にとってはありがたいサービスで毎回必ずお願いしています。

 

f:id:richweb:20150719003117j:plain

 

レストランやジム・プール・サウナも行きました。写真はないけど、自分的には都内のホテルでトップクラスの内容でした。立地、 内装、設備、見晴らし、サービスどれも満足。次回は違うタイプの部屋にも泊まろうと思います。 

 

以上、アンダーズ東京ツインベッドルームのレポートでした。