高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。世界の高級ホテル宿泊記。5つ星ホテル/ファーストクラス/機内食/空港ラウンジ/レストラン

JALカード入会で最大10,600マイルプレゼント詳細はこちら

アジア・マイルを使って日本~ヨーロッパ往復特典航空券を発券(ビジネスクラス)

f:id:richweb:20180328024703g:plain

キャセイパシフィック航空のマイレージプログラム「アジア・マイル」を利用して日本-ヨーロッパの往復特典航空券を発券したので紹介します。

アジア・マイルはJALマイルやANAマイルと比較して、必要マイル数が多い、空席が少ない、などの理由で使いづらいと感じますが、キャセイパシフィック航空の上級会員や「メンバーシップリワード」や「スターポイント」等を持て余している方々とっては選択肢のひとつになり得えると思います。

 

アジア・マイルを選んだ理由

JALマイル、ANAマイル、AS:マイレージプラン、BA:Aviosポイント、SQ:クリスフライヤーなど、たくさんのマイルを貯めている私もアジア・マイルは初挑戦。きっかけは、ヨーロッパ渡航の計画でイベリア航空とフィンエアーに乗れる方法を探していた時のこと。

今回の日程で複数の航空会社を組み合わせた場合、有償航空券は割高になってしまうので断念。そこでアメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」からアジア・マイルに移行して特典航空券を発券することにしました。

「メンバーシップ・リワード」から移行できるワンワールド系のマイルは次の4種類。

  • アジア・マイル(キャセイパシフィック航空)
  • プリビレッジクラブ(カタール航空)
  • フィンエアープラス(フィンエアー)
  • Aviosポイント(ブリティッシュエアウェイズ)

ここから今回の区間(日本-ヨーロッパ)で最も少ないマイル数で特典航空券を発券できるアジア・マイルを選択しました。

ルート・諸費用・航空会社など

f:id:richweb:20180328024703g:plain

(FFP)CX
(必要マイル数)115,000マイル
(航空会社)IB,AY,JL,CX
(クラス)C
(ルート)NRT-MAD-[surface]-HEL-NGO-TPE-[surface]-TSA-HND
(諸費用)1853HKD
(発券方法)アジア・マイルコールセンター(日本語)

  • 必要マイル数はアジア・マイルの公式サイトで確認できますが、オープンジョーの区間が含まれているルートなど、一部の特殊な場合は確認できません。また、JAL運航便を含む一部の提携航空会社を使用する場合は、オンラインでの発券ができません。これらの場合はアジア・マイルコールセンター(日本語対応)に連絡をして発券します。
  • コールセンターは国際電話なので、国内から携帯電話で連絡するには海外発信ができるよう手続きが必要です。KDDIの国際電話割引サービスなどをご参考に。
  • 2社以上の提携航空会社(キャセイパシフィック以外の航空会社)に搭乗する場合は、キャセイパシフィック航空の便を含めなければいけません。今回のケースではNRT-MAD-[surface]-HEL-NGOの区間で提携航空会社を2社(イベルア航空&フィンエアー)使用しています。そこで、NGO-TPE-[surface]-TSA-HND区間でキャセイパシフィック航空便をくっつけて条件を満たしました。
  • 今回探した限りではビジネスクラスの空席は少なかった。ブリティッシュエアウェイズの空席は比較的多かったが、フィンエアーとイベリア航空はほとんどなかった。

あとがき

アジア・マイルを今後も使うことがあるかはわからないけど、予定がないものだからこそ備忘も兼ねて記事にしました。アジア・マイルはアワードの種類が多くルールも複雑ですが(調べた限りでは)日本語ガイドがなくルールの把握に多少手間取ります。不明点はコールセンターに確認するなど効率よく調べることをおすすめします。