読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高級ホテル宿泊記 真夜中のベルボーイ

国内外の高級ホテルの宿泊記を中心に紹介するブログ ホテル/エアライン/旅行/クレジットカード/カメラ/レストラン

ハイアットリージェンシー京都 デラックスバルコニー 2016年

f:id:richweb:20160729230445j:plain

ハイアットリージェンシー京都に1泊しました。約1年ぶりとなる2度目の宿泊ですが客室も食事も素晴らしく良い滞在になりました。

ハイアットリージェンシー京都 [一休.com]

移動&チェックイン

f:id:richweb:20160729230446j:plain

名古屋から京都に新幹線で向かい、京都駅からはタクシーで移動しました。京都駅からホテルまでは5分くらいで着いたので名古屋駅からホテルまで合わせて1時間足らずです。

f:id:richweb:20160729234558j:plain

f:id:richweb:20160729234559j:plain

上の写真は1階のロビーフロアです。奥には朝食会場の「ザ・グリル」があります。ハイアット京都にはクラブラウンジ(リージェンシークラブ)がないので、すべての宿泊者はエントランス横のロビーフロントでチェックイン手続きを行います。

f:id:richweb:20160729230428j:plain

今回もハイアットゴールドパスポートのダイアモンド会員特典として、ホテル内レストランやルームサービス、スパで使える3,000円割引券を頂きました。今回は地下1階にある日本料理・東山のディナーで利用しました。

デラックスバルコニールーム・リビングルーム

f:id:richweb:20160729230430j:plain

f:id:richweb:20160729230432j:plain

フロントから客室までベルスタッフの方にご案内頂きました。エレベータホールや廊下は落ち着いた雰囲気です。今回は最上階の5階にあるデラックスバルコニーという、およそ60平米のリージェンシースイート、KYOTOスイート、リージェンシーエグゼクティブスイートに次ぐ広さの客室にアサインされました。

f:id:richweb:20160729230356j:plain

リビング兼ベッドルーム、奥にバスルームがあるジュニアスイートタイプで、さらに窓の向こうには日本庭園を一望できる大きなバルコニーがあります。リビングには数人が座れるソファ、キングベッド、ダイニングテーブル兼ビジネスデスク、ミニバーがあります。

f:id:richweb:20160729230353j:plain

f:id:richweb:20160729230355j:plain

f:id:richweb:20160729230426j:plain

ソファの奥にあるキングサイズのベッドの寝心地は良かったです。壁の模様が京都っぽくて良いですね。

f:id:richweb:20160729230404j:plain

ビジネスデスクは大きくて仕事がはかどります。リビングテーブルの用意がないのでルームサービスはこちらのテーブルで頂きます。

最後にリビング兼ベッドルームの360度画像をご覧ください。

ハイアットリージェンシー京都 - Spherical Image - RICOH THETA

ミニバー&ウェルカムアメニティ

f:id:richweb:20160729230419j:plain

入口横の棚はミニバーです。棚上にコーヒー、お茶類、棚の中には飲み物やスナックが用意されています。エスプレッソマシーンのカプセルはルームサービスにオーダーすると無料で補充してくれます。好みの味を選べます。

f:id:richweb:20160729230420j:plain

f:id:richweb:20160729230421j:plain

f:id:richweb:20160729230422j:plain

コーヒー、ミネラルウォーター、お茶類は無料、一方冷蔵庫の中のドリンクやアルコール、スナック類はすべて有料です。

f:id:richweb:20160729230416j:plain

ウェルカムアメニティは大好きなぶどうを頂きました。美味しかったし種なしだったので食べやすかったです。

タブレットでルームサービスオーダー&レストラン予約

f:id:richweb:20160729230423j:plain

今年からルームサービスのオーダーやレストランの予約が客室に設置されたタブレットでできるようになりました。指先でメニューを選んで注文ボタンをタップするだけで簡単にオーダーできました。これは便利でしたね。

f:id:richweb:20160729230424j:plain

f:id:richweb:20160729230425j:plain

部屋からの眺望

f:id:richweb:20160729230405j:plain

窓の外には広いバルコニーがあり、目の前にある山々と日本庭園を一望できます。高層階の都市型ホテルのような眺望はありませんが、私にとっては緑に囲まれた京都らしさは新鮮味があって素敵でした。

f:id:richweb:20160729230406j:plain

f:id:richweb:20160729230407j:plain

f:id:richweb:20160729230408j:plain

ウェットエリア・バスルーム

f:id:richweb:20160729230357j:plain

f:id:richweb:20160729230427j:plain

リビングの奥の扉を開けるとウェットエリアがあります。床一面が御影石なのでひんやりしていて清潔感もあり気持ちが良いです。入口の手前側にダブルシンク、窓際には大浴槽と洗い場があります。

f:id:richweb:20160729230359j:plain

f:id:richweb:20160729230400j:plain

この部屋の大きな魅力のひとつは浴槽。ヒバ(檜葉)で作られた広々とした浴槽は大人が何人も入れるくらいの大きさなので思いっきり体を伸ばせます。こんなに気持ちの良いお風呂は久しぶりです。お湯の出る量は多くすぐに溜まりました。

f:id:richweb:20160729230401j:plain

ウィンドウを開けて木々を眺めながら長風呂を楽しめました。窓の外は山々に囲まれているため覗かれる心配もなさそうです。

f:id:richweb:20160729230414j:plain

浴槽の横にはターボ機能搭載のハンドタイプのシャワーが設置されています。

f:id:richweb:20160729230413j:plain

バスアメニティはお馴染みハイアットリージェンシーの共通ブランドのパーマコピア。

f:id:richweb:20160729230412j:plain

さらに独自セレクトの「ちどり」のシャンプー、コンディショナーなどの用意もあります。好きな方を選んで使えます。両方使いましたけど、パーマコピアの方が気に入ってます。

最後にウェットエリアの360度画像をご覧ください。

ハイアットリージェンシー京都 - Spherical Image - RICOH THETA

収納&トイレ

f:id:richweb:20160729230358j:plain

f:id:richweb:20160729230403j:plain

浴槽と反対側には収納とトイレがあります。トレイはもちろんウォッシュレット搭載で安心です。

朝食

f:id:richweb:20160729234555j:plain

翌朝は1階のレストラン「ザ・グリル」で朝食を食べました。洋食ビュッフェと和定食が選べます。前回は洋食ビュッフェにしたので和定食を頂きました。

f:id:richweb:20160729234557j:plain

和定食は前日も利用した地下1階の日本料理東山のシェフが作られているそうですが、豆腐をはじめ、どれも美味しすぎて驚きました。今後滞在する際も朝食はきっと和定食をチョイスすると思います。是非皆さんにも食べてみてほしいです。

まとめ

f:id:richweb:20160729230352j:plain

客室はスタッフさんのおすすめだけあって大満足。ハイアットグループでありながらも京都らしさを感じさせる工夫が施されていてさすがです。前回は一番グレードの低い客室に泊まりましたので、今回の滞在の方が満足度は当然高かったです。東山のディナーも和定食も最高でした。

ハイアットゴールドパスポート・ダイアモンド会員のおもな特典

  • 客室の無料アップグレード(空き状況による。スイートルーム除く)
  • ホテル内レストラン・ルームサービスで使える3,000円割引券
  • 1階「ザ・グリル」での朝食無料
  • フィットネスセンターのアクセス無料
  • レイトチェックアウト確約(最長16時まで)

ホテル情報・宿泊予約

ホテル名:ハイアットリージェンシー京都
ホテルチェーン:ハイアットホテルアンドリゾーツ
運営会社:株式会社東山ホールディング
所在地:〒605-0941 京都府京都市東山区三十三間堂廻り644番地2
最寄り駅:京阪電車七条駅から徒歩約5分、JR京都駅からタクシーで約5分
宿泊予約:ハイアットリージェンシー京都 [一休.com]
ホテル内レストラン予約:ハイアットリージェンシー京都 [一休.comレストラン]