高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間80日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 リージェンシーエグゼクティブスイート 2016年

f:id:richweb:20160526224048j:plain

今年初の沖縄。初日は国際通りから徒歩すぐにある、ハイアットリージェンシー那覇沖縄に泊まりました。昨年に続いて2度目の訪問です。

リージェンシーエグゼクティブスイート:リビングルーム

f:id:richweb:20160526224029j:plain

f:id:richweb:20160526224028j:plain

宿泊したのはエグゼクティブリージェンシースイート。広さは64平米でスイートルームとしては若干狭いですが、ハイアット那覇沖縄では1番広い客室です。入口を入るとリビングルーム、奥にベッドルーム。入口のすぐ横にはバスルーム(ウェットエリア)があり、リビング&ベッドルームどちらからもアクセスできる間取りです。

f:id:richweb:20160526224027j:plain

床は一面赤が基調のカーペット張り。ハイアット沖縄ではスタンダードルームのカーペットは青、デラックスタイプやスイートルームは赤のようです。開業してほぼ1年経ちますが家具は相変わらず綺麗なままです。

f:id:richweb:20160526224044j:plain

沖縄らしい装飾。棚の中にはミニバーがあります。

f:id:richweb:20160526224045j:plain

冷蔵庫には沖縄産のオリオンビールやさんぴん茶がありました。

f:id:richweb:20160526224047j:plain

最後にリビングルームの360度画像もご覧ください。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 - Spherical Image - RICOH THETA

ベッドルーム

f:id:richweb:20160526224031j:plain

ほとんどの客室は2台のベッドが寄せて並べてあるハリウッドツインタイプですが、こちらの部屋はセパレートでした。スタッフさん曰くセパレートされた客室は用意があるもののかなり少ないとのこと。

f:id:richweb:20160526224030j:plain

奥のガラス越しのスペースは洗面台エリアです。ベッドルームの360度画像もご覧ください。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 - Spherical Image - RICOH THETA

ウェットエリア

ハイアットリージェンシー那覇沖縄 - Spherical Image - RICOH THETA

ウェットエリアにダブルシンク、個室トイレと広い収納があります。

f:id:richweb:20160526224036j:plain

f:id:richweb:20160526224035j:plain

洗面台のデザインや間取りは、前回宿泊したデラックスルームと随分異なり、きっちり差別化がされていました。

f:id:richweb:20160526224037j:plain

バスルームとリビングはガラス窓で仕切られていて丸見えです。ブラインドが付いていますが、リビング側からしか開閉できません。

f:id:richweb:20160526224038j:plain

シャワーはハンドタイプの他にレインシャワーも完備されています。 

f:id:richweb:20160526224041j:plain

バスアメニティは昨年と変わらず、ハイアットリージェンシー共通のPHAMACOPIA(パーマコピア)ではなくACCA KAPPAが採用されています。

f:id:richweb:20160526224043j:plain

バスロープもあります。

f:id:richweb:20160526224049j:plain

最後に窓からの眺め。眺望は良く、周りに高い建物が少ないため沖縄市街が一望できます。 1泊だけの滞在となりましたが今回も快適な滞在でした。また那覇に行く際には是非泊まりたいです。※レストランなどの紹介は他の記事をご覧ください。

ホテル情報・宿泊予約

ホテル名:ハイアットリージェンシー那覇沖縄
ホテルチェーン:ハイアットホテルアンドリゾーツ
運営会社:PHR沖縄ホテルマネジメント株式会社
所在地:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3-6-20
最寄り駅:沖縄都市モノレール「ゆいレール」牧志駅から徒歩約7分
宿泊予約:ハイアットリージェンシー那覇沖縄 [一休.com]
ホテル内レストラン予約:ハイアットリージェンシー那覇沖縄 [一休.comレストラン]