高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間80日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

ハイアットリージェンシー東京 リージェンシースイート 2016年

f:id:richweb:20160215203418j:plain

今年初のハイアットリージェンシー東京。アサインされた部屋はリージェンシースイートルーム

 

6階から26階までが客室のホテルにおいて、低層階の6~8階に上級フロアのリージェンシークラブフロアなのが変わってるなと思いましたが、クラブフロアは廊下がロビーまで吹き抜けなんですね、たしかに一般フロアよりも高級感があります。ロビーの1基5,000万円といわれる巨大シャンデリアが見えます。

f:id:richweb:20160215203420j:plain

 

リージェンシースイートルーム

f:id:richweb:20160215203416j:plain

リージェンシースイートはおよそ70平米のリビング&ワンベッドルーム。以前泊まった一般フロアからは想像できないくらいスタイリッシュな内装です。

 

リビングにはリビングセットとビジネスデスク。リビングと寝室は木目の格子戸で仕切られています。f:id:richweb:20160215203359j:plainf:id:richweb:20160215203401j:plainf:id:richweb:20160215203403j:plainf:id:richweb:20160215203407j:plain

 

ベッドルームは収納もなく寝るためだけの部屋です。f:id:richweb:20160215203402j:plain

 

360度画像もご覧ください(RICOH THETAで撮影)

ハイアットリージェンシー東京 - Spherical Image - RICOH THETA

 

ウェルカムアメニティとしてホテルのオリジナルクッキー、赤ワイン、フルーツが用意されていました。f:id:richweb:20160215203406j:plain

 

ミニバーは一般フロアと大差はなく、コーヒー、アルコール、ソフトドリンク、スナック類が用意されています。 f:id:richweb:20160215203409j:plainf:id:richweb:20160215203408j:plainf:id:richweb:20160215203410j:plain

 

低層階なので部屋からの眺めは良くありません。目の前は新宿中央公園。f:id:richweb:20160215203417j:plain 

バスルーム

水回りはバストイレ別で、洗い場付のバスルーム。

ハイアットリージェンシー東京 - Spherical Image - RICOH THETA

 

f:id:richweb:20160215203404j:plain

 

シャワーはハンドタイプのみですが、ボタンタイプでシャワータイプが変えられるレインダンスシャワーなるものが搭載。バスタブは深めで肩まで浸かれます。f:id:richweb:20160215203413j:plainf:id:richweb:20160215203414j:plain

 

トイレはウォッシュレット搭載。f:id:richweb:20160215203405j:plain

 

アメニティはハイアットリージェンシー共通ブランドのPHAMACOPIA(パーマコピア)ではなく、スイートルーム専用アメニティでグランドハイアット福岡と同じくREN。f:id:richweb:20160215203411j:plainf:id:richweb:20160215203412j:plainf:id:richweb:20160215203415j:plain

 

以前宿泊した一般客室はあんまりでしたが、今回のスイートルームは中身も料金も大満足。ハイアットリージェンシー東京に泊まるならスイートルームがおすすめです。

宿泊予約