高級ホテル宿泊記

世界の高級ホテル宿泊記。5つ星ホテル/ファーストクラス/機内食/空港ラウンジ/レストラン

JALカード入会で最大10,600マイルプレゼント詳細はこちら

【宿泊記】都ホテル 博多 2019年9月22日博多駅前に全館建替リニューアルオープン!屋上にレストラン・バー、温泉を利用したプール・足湯・浴場を設けた、都心で気軽に非日常を体感できるカジュアルホテル

都ホテル 博多 2019年9月22日博多駅筑紫口に全館建替リニューアルオープン!屋上にレストラン・バー、温泉を利用したプール・足湯・浴場を設けた、都心で気軽に非日常を体感できるカジュアルホテル

祝開業!都ホテル 博多!

2019年9月22日、「都ホテル 博多(Miyako Hotel Hakata)」が博多駅筑紫口に3年半の歳月をかけてリニューアルオープン!早速滞在しました。料金は1泊29,450円(デラックスルーム/1名朝食付/税サ込支払総額/一休.comのポイント即時利用)。

屋上のレストラン・バー、温泉を利用したプール・足湯・浴場。バスタブと洗い場が完備された全室30㎡以上の客室。都心にいながら非日常を体感しながら寛げる、エンターテイメント性と快適さが追求されたカジュアルホテル

  • 客室:快適
  • ナイトプール(温泉):最高
  • 朝食&スイーツビュッフェ:美味

ハイアットグローバリスト会員の私には、グランドハイアット福岡で受けられる様々なベネフィットを考慮すると頻繁に泊まることはなさそうですが、グランドハイアット福岡やヒルトン福岡シーホークなど、近隣ホテルと比べても引けをとらないクオリティだと思いました。

福岡にまた一つ、快適なホテルが増えました。

このページでは、自分自身の振り返りを兼ねて「都ホテル 博多(Miyako Hotels Hakata)」1泊2日の宿泊記を紹介します。

記載情報は宿泊・確認した時点の内容を反映しています。最新の情報は公式サイトを必ずご確認ください。

福岡市内主要シティホテル スペック比較
ホテル 都ホテル 博多 グランド
ハイアット福岡
ヒルトンシーホーク
福岡
ホテルオークラ福岡 ウィズザスタイル
フクオカ
開業/客室改装 2019年9月(全館建替) 1996年4月/2017年4月 1995年4月/‐ 1999年3月/2008年10月 2004年8月/2011年3月
参考料金* 27,000円 31,944円 20,382円 27,600円 36,800円
立地 アクセス 博多駅徒歩1分 博多駅徒歩10分
中洲川端駅徒歩10分
唐人町駅徒歩19分
ヒルトン福岡シーホーク前
バス停徒歩1分
中洲川端駅徒歩2分 博多駅徒歩7分
併設/隣接
商業施設
近鉄博多ビル
JR博多シティ(徒歩1分)
キャナルシティ博多 シーホークギャレリア
ヤフオクドーム
博多リバレイン
客室 客室数 208室 372室 1053室 264室 16室
階数 5階~12階 5階~12階 6階~33階 7階~14階 2階~4階
床面積 30㎡~ 27㎡~ 18㎡~ 22㎡~ 37.3㎡~
浴室バスタブ 全室完備 全室完備 全室完備 全室完備 全室完備
洗い場/
独立シャワーブース
全室完備 全室完備 一部完備 一部完備 全室完備
共用設備 プール 〇(温泉) ×
フィットネスジム × ×
ドライサウナ △(男性のみ) ×
スチームサウナ △(女性のみ) ×
共用浴場 〇(温泉) ×(予約制ジャグジー有)
水風呂 △(男性のみ) ×
スパルーム × △(マッサージ室有) △(インルームスパ有)
レストラン/バー 3軒 3軒 5軒 9軒 3軒
サービス クラブラウンジ × ×
ルームダイニング
ランドリーサービス
ターンダウンサービス** × × × ×

*一休.com最安料金(2019年10月1日 1泊2名朝食付/2019年9月22日調査/税込総額)
**リクエストした場合は応じる可能性有。要確認

都ホテル 博多:2016年3月31日の閉館から、およそ3年5カ月の歳月を経て、全館建替リニューアルオープン。福岡の玄関口、博多駅筑紫口に直結した絶好のロケーション。雨の日も駅から濡れずにホテルに行ける。地上13階・地下3階の「近鉄博多ビル」内の3~13階がホテルとして営業。

2016年3月31日の閉館から、およそ3年5カ月の歳月を経て、全館建替リニューアルオープン。福岡の玄関口、博多駅筑紫口に直結した絶好のロケーション。雨の日も駅から濡れずにホテルに行ける。地上13階・地下3階の「近鉄博多ビル」内の3~13階フロアをホテルとして営業。

都ホテル 博多:夜間は、建物に埋め込まれたLED照明によって全体がライトアップ。幻想的な雰囲気を演出。映える!もしも(大阪や京都と同様に)マリオットと提携していたら「Aloft博多」になっていたでしょう。

夜間は、建物に埋め込まれたLED照明によって全体がライトアップ。幻想的な雰囲気を演出。映える!もしも(大阪や京都と同様に)マリオットと提携していたら「Aloft博多」になっていたでしょう。

都ホテル 博多:最上階13階には、敷地内より汲み上げた天然温泉を利用した、プール・足湯(屋外)・浴場(内湯)を完備。水温は年間を通じてプールは常時35℃、足湯とジェットバス(上水≠温泉水)は常時41℃に調節されているので、冬でも存分に楽しめる。

最上階13階には、敷地内より汲み上げた天然温泉を利用したプール・足湯(屋外)・浴場(内湯)を完備。水温は年間を通じてプールは常時35℃、足湯とジェットバス(上水≠温泉水)は常時41℃に調節されているので、冬でも存分に楽しめる。

都ホテル 博多:屋上温泉プールの営業時間は朝7時~22時30分。幻想的なライトアップが施される夜の時間帯が人気。プールサイドではドリンクや食事のオーダーが可能。

屋上温泉プールの営業時間は朝7時~22時30分。幻想的なライトアップが施される夜の時間帯が人気。プールサイドではドリンクや食事のオーダーが可能。

天然温泉を利用した浴場(内湯)は、新しくて清潔で快適。男性用にはドライサウナと水風呂、女性用にはスチームサウナも設置。早朝から深夜まで営業(6時30分~24時)していて使い勝手が良い。

天然温泉を利用した浴場(内湯)は、新しくて清潔で快適。男性用にはドライサウナと水風呂、女性用にはスチームサウナも設置。早朝から深夜まで営業(6時30分~24時)していて使い勝手が良い。

都ホテル 博多:5階~12階に位置する208室の客室は高級感はあまりないが、全室30㎡以上、バスルームには浴槽・洗い場が完備、ポータブルタブレットによる照明点消や電動カーテン開閉など、ユーザービリティが配慮された快適な空間。

5階~12階に位置する208室の客室は高級感はあまりないが、全室30㎡以上、バスルームには浴槽・洗い場が完備、ポータブルタブレットによる照明点消や電動カーテン開閉など、ユーザービリティが配慮された快適な空間。

都ホテル 博多:最上階13階の明るく開放的でお洒落なレストラン「サムウェア レストラン&バー(SOMEWHERE RESTAURANT&BAR)」で食べた朝食とティータイムのスイーツはいずれも美味。特に朝食は、福岡市内のホテルで食べたビュッフェの中で一番美味しかった。カジュアルで雰囲気がよく、ティータイムのスイーツビュッフェは、デートにも使えそう。

最上階13階の明るく開放的でお洒落なレストラン「サムウェア レストラン&バー(SOMEWHERE RESTAURANT&BAR)」で食べた朝食とティータイムのスイーツはいずれも美味。特に朝食は、福岡市内のホテルで食べたビュッフェの中で一番美味しかった。カジュアルで雰囲気がよく、サービスも良い。

予約方法(一休.com) & 一休.comダイヤモンド会員特典

高級ホテル予約サイト「一休.com」から予約。

高級ホテル予約サイト「一休.com」から予約。

エクスペディア、一休.comなど、様々なサイトで宿泊料金を調べたところ、宿泊料金が最も安かったのは都ホテルの公式サイトでした。しかし、今回は高級ホテル予約サイト一休.comで予約。

料金は、デラックスツインを1泊1名31,000円(総額)。さらに獲得した一休ポイントを即時利用したため支払いは総額29,450円。ここから、当時開催されていたLINEトラベル経由で予約すると宿泊代金の15%がポイントバックするキャンペーンに便乗したのでおよそ4,500LINEポイントがポイントバック。実質およそ25,000円で宿泊できました。都ホテル公式の掲載料金25,920円とほぼ同額、さらに一休.comダイヤモンド会員は下記4つの特典(前日までの予約が必要)が提供されるでの、一休.comの方がお得と判断しました。

  • 客室の無料アップグレート (チェックイン時の空き状況により)
  • アーリーチェックイン14時から (チェックイン時の空き状況により)
  • レイトチェックアウト13時まで (チェックイン時の空き状況により)
  • カフェラウンジにてウェルカムドリンクを1杯サービス (1滞在につき1回)

今回は、デラックス(34㎡-36㎡/参考料金31,440円)を予約して、ラグジュアリー(42㎡-43㎡/同42,500円)へアップグレードされました。公式サイトでの予約では成しえない一休.comならではの特典です。

一休.comダイヤモンド会員になるためには、6ヶ月間(4~9月/10~3月)の一休.com利用金額が30万円に到達するなどの条件が必要です。しかし、ダイナースクラブプレミアムカードや、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードに入会すれば、無条件でダイヤモンド会員の資格が与えられます。詳しい方法は以下の記事をお読みください。rich.nagoyaBACK TO INDEXBack to Index

客室(全208室/12種類)

客室は5階~12階に全208室。タイプは12種類。

  • 全室30㎡以上の床面積を有し、グランドハイアット福岡、ウィズザスタイルフクオカ、ホテルオークラ福岡などの近隣ホテルと比べても遜色のない広さ。
  • 浴室はバスタブと洗い場付き
  • ホテルの目玉とも言える、流れる滝に沿って位置するテラス付きの客室「ザ・テラス」が6室
  • 「ザ・テラス」以外の客室の間取りはスーペリア、デラックス、ラグジュアリーの3種類。上層階(プレミアム)は低~中層階よりも高い料金設定。
  • ベッドタイプは、ツイン・ハリウッドツイン(2台)が140室、ダブル(1台)が68室。
都ホテル 博多 客室スペック比較
客室
参考料金(税サ込)*
広さ
ベッドタイプ
階数 テラス
スーペリア
27,200円
30㎡~31㎡
ツイン2台 or ダブル1台
5~9階 ×
プレミアム スーペリア
28,500円
30㎡~31㎡
ツイン2台 or ダブル1台
10~12階 ×
デラックス
31,440円
34㎡~36㎡
ツイン2台 or ダブル1台
5~9階 ×
プレミアム デラックス
39,500円
34㎡~36㎡
ツイン2台 or ダブル1台
10~12階 ×
ラグジュアリー
42,500円
42㎡~43㎡
ツイン2台 or ダブル1台
5~9階 ×
プレミアム ラグジュアリー
52,500円
42㎡~43㎡
ツイン2台 or ダブル1台
10~12階 ×
ザ・テラス<9階>
62,000円
38㎡(+テラス 11㎡)
ハリウッドツイン2台
9階
ザ・テラス<10階>
62,000円
48㎡(+テラス 21㎡)
ツイン2台
10階
ザ・テラス<11階>
62,000円
45㎡(+テラス 4㎡)
ダブル1台
11階
ザ・テラス<12階>
62,000円
50㎡(+テラス 8㎡)
ダブル1台
12階
ザ・テラス<スイート11階>
62,000円
97㎡(+テラス 9㎡)
ツイン2台
11階
ザ・テラス<スイート12階>
62,000円
63㎡(+テラス 15㎡)
ダブル1台
12階

*2019年9月26日-27日 大人2名の1泊あたりの公式サイト掲載最安料金(朝食付き/税サ込総額/消費税8%計算/2019年9月20日調査)

都ホテル 博多:ほぼ正方形の建物に四面の外枠に沿って客室を配置。内廊下。北向きと南向き(図面上下)の客室がスーペリア(30㎡~31㎡)、東向きと西向き(図面左右)の客室がデラックス(34㎡~36㎡)、4室の角部屋がラグジュアリー(42㎡~43㎡)。

ほぼ正方形の建物に四面の外枠に沿って客室を配置。内廊下。北向きと南向き(図面上下)の客室がスーペリア(30㎡~31㎡)、東向きと西向き(図面左右)の客室がデラックス(34㎡~36㎡)、4室の角部屋がラグジュアリー(42㎡~43㎡)。

都ホテル 博多:エレベーターは各階に泊まる3基の他に、客室と屋上スパを結ぶ専用エレベーターが1基。

エレベーターは各階に泊まる3基の他に、客室と屋上スパを結ぶ専用エレベーターが1基。

都ホテル 博多:客室フロアはすべて窓のない内廊下。

客室フロアはすべて窓のない内廊下。

BACK TO INDEXBack to Index

ラグジュアリールーム(42㎡-43㎡)

都ホテル 博多:ラグジュアリールーム(42㎡-43㎡)

ラグジュアリールーム(42㎡-43㎡)

都ホテル 博多:

ラグジュアリールーム(42㎡-43㎡)

都ホテル 博多:ラグジュアリールーム(42㎡-43㎡)

ラグジュアリールーム(42㎡-43㎡)

今回アサインされたラグジュアリールームの広さは42㎡-43㎡、スタンダードルームのスーペリア(30㎡-31㎡)よりも10㎡以上も広く、テラス付きの客室「ザ・テラス」を除けば、最も大きな客室です。

しかし、玄関からベッドルームまでの通路が長いせいか、ベッドルームは思った以上に狭くて、グランドハイアット福岡のグランドツインルーム(34㎡)の方が広く感じました。

インテリアはややチープな印象を受けましたが、開業直後で何もかもが新しく、照明や電源、空調などのユーザビリティもよく配慮され、浴槽や洗い場の付いた水回りも快適。居心地がよく、過ごしやすい空間でした

動画でも客室の様子をご覧ください。

都ホテル 博多:バスルームは、深さのあるバスタブと洗い場の付いた日本式。

バスルームは、深さのあるバスタブと洗い場の付いた日本式。

都ホテル 博多:洗面台はベッセル式のダブルシンク。引き出しにバスアイテムが用意されている。

洗面台はベッセル式のダブルシンク。引き出しにバスアイテムが用意されている。

都ホテル 博多:シャワーはハンドタイプ。セレクトボタンで水勢の強いモードに切り替えることでストレスなく利用できた。個室にあるトイレは、ウォッシュレットの付いたTOTO製。

シャワーはハンドタイプ。セレクトボタンで水勢の強いモードに切り替えることでストレスなく利用できた。個室にあるトイレは、ウォッシュレットの付いたTOTO製。

都ホテル 博多:バスアメニティはフランスの「ELLE spa」を採用。シャンプー、ボディーシャンプーともに透明色で香りは控えめで、あまり印象に残らない主張の小さい使用感。この他のバスルーム備品は、歯ブラシセット、カミソリ、ブラシ、コットンセット、ボディタオル、マウスウォッシュ、入浴剤。フルーツの香りのする入浴剤は、チューイングガムやかき氷のシロップのような強烈に甘い香りがする(笑)。

バスアメニティはフランスの「ELLE spa」を採用。シャンプー、ボディーシャンプーともに透明色で香りは控えめで、あまり印象に残らない主張の小さい使用感。この他のバスルーム備品は、歯ブラシセット、カミソリ、ブラシ、コットンセット、ボディタオル、マウスウォッシュ、入浴剤。フルーツの香りのする入浴剤は、チューイングガムやかき氷のシロップのような強烈に甘い香りがした(笑)。

都ホテル 博多:(左上)ベッドの両脇に日本式コンセントとUSBポートが1口ずつ設置。(右上)ベッド脇に設置されたタブレットでプライバシーマーク点灯、カーテン開閉、照明点消、アラーム設定などの操作ができる。朝6時にカーテンが開いて照明が点灯するアラート設定にしたら嫌でも目が覚めたw(左下)空調は壁に設置されたコントローラーで調節(右下)電話。

(左上)ベッドの両脇に日本式形状コンセントとUSBポートが1口ずつ設置。(右上)ベッド脇に設置されたタブレットでプライバシーマーク点灯、カーテン開閉、照明点消、アラーム設定などの操作ができる。朝6時にカーテンが開いて照明が点灯するアラート設定にしたら嫌でも目が覚めたw(左下)空調は壁に設置されたコントローラーで調節(右下)電話。

都ホテル 博多:(左上)ふっかふかのスリッパ。このクラスのホテルの中では断トツの履き心地の良さ。(右上)ワンピースタイプのパジャマ。(下)フード付きバスローブ。客室から屋上プールへの移動はバスローブの着用OK。

(左上)ふっかふかのスリッパ。このクラスのホテルの中では断トツの履き心地の良さ。(右上)ワンピースタイプのパジャマ。(下)フード付きバスローブ。客室から屋上プールへの移動はバスローブの着用OK。

都ホテル 博多:ミニバー内のペットボトルウォーター、ネスプレッソコーヒー、お茶(紅茶・煎茶・ほうじ茶)は無料。その他は有料。(冷蔵庫を撮り忘れた...)。

ミニバー内のペットボトルウォーター、ネスプレッソコーヒー、お茶(紅茶・煎茶・ほうじ茶)は無料。その他は有料。(冷蔵庫の中を撮り忘れた...)。

都ホテル 博多:ミニバーエリアに収納された食器類。湯呑、コーヒーカップ、タンブラー、シャンパン&ワイングラス。

ミニバーエリアに収納されていた食器類。湯呑、コーヒーカップ、タンブラー、シャンパン&ワイングラス。

眺望は、博多駅向きの客室でない限りあまり良くない。窓ガラスはプライバシー加工が施されていないので向かいのビルの人から客室内は丸見え。レースカーテンを閉めることを推奨。

眺望は、博多駅向きの客室でない限りあまり良くない。窓ガラスはプライバシー加工が施されていないので向かいのビルの人から客室内は丸見え。レースカーテンを閉めることを推奨。

ルームサービス(ルームダイニング)のメニュー表。電話で注文するスタイル(タブレット注文不可)。7時~22時30分。朝食(7時~10時)、デイタイム(11時30分~19時)、ディナータイム(19時~22時30分)、それぞれの時間帯によってメニューが異なる。

ルームサービス(ルームダイニング)のメニュー表。電話で注文するスタイル(タブレット注文不可)。7時~22時30分。朝食(7時~10時)、デイタイム(11時30分~19時)、ディナータイム(19時~22時30分)、それぞれの時間帯によってメニューが異なる。

都ホテル 博多:ランドリーサービスは、10時受付18時戻し、17時受付翌10時戻しの普通仕上げ、10時受付14時戻しのエクスプレスサービス(50%割増料金)の3種類。単価は相場よりもやや高め。

ランドリーサービスは、10時受付18時戻し、17時受付翌10時戻しの普通仕上げ、10時受付14時戻しのエクスプレスサービス(50%割増料金)の3種類。単価は相場よりもやや高め。

BACK TO INDEXBack to Index

レストラン

朝食&ティータイム@サムウェア レストラン&バー

都ホテル 博多:サムウェア レストラン&バー(SOMEWHERE RESTAURANT&BAR)の内観。一面ガラス張りで開放的な室内で、やっぱり窓際席が一番人気。

サムウェア レストラン&バー(SOMEWHERE RESTAURANT&BAR)の内観。一面ガラス張りで開放的。窓際席が一番人気。

ホテル最上階13階にあるレストラン「サムウェア レストラン&バー(SOMEWHERE RESTAURANT&BAR)」の朝食&ティータイム(スイーツビュッフェ)を利用しました。明るくて開放的でオシャレ。料理も美味しくて控えめにいって最高でした。機敏で親切なスタッフばかりで居心地も良くてリピート確定。

特に朝食は、福岡市内のホテルで食べたビュッフェの中で一番美味しかったです。

いずれの時間帯も宿泊者以外の利用もOK。立地の良さも手伝って、口コミが広まるにつれて流行りそうです。

都ホテル 博多:入口を入ったところにあるバーカウンターは、天気が良い日は絶好の写真映えスポットに。(ビュッフェの時間帯はドリンクコーナー)

入口付近のバーカウンター(ビュッフェの時間帯はドリンクコーナー)は、天気が良い日は絶好の写真映えスポット。

都ホテル 博多:入口付近のバースペースは天井がより一層高い。

バースペースは天井がより一層高い。
朝食(7時~10時30分/2,900円)

都ホテル 博多:中央のフードテーブルに綺麗に並んだ洋食ビュッフェの料理。

中央のフードテーブルに綺麗に並んだ洋食ビュッフェの料理。

7時~10時30分の朝食は、2,900円(税サ込)で「洋食ビュッフェ(ブレックファストブッフェ)」か「和食御膳」のいずれかを選べます。1名分の料金で両方を選ぶことはできません。洋食ビュッフェを選択した場合、ビュッフェ料理の他にアラカルト料理としてオムレツ、目玉焼き、鰯明太のエッグベネディクトの中から一品を注文できます。

今回選択した洋食ビュッフェのラインナップは、サラダ・フルーツ等のコールドミール、ソーセージ・ベーコン・スクランブルエッグ等のホットミール、パン・シリアル・ペストリーといった定番系まで多岐にわたります。先ほど述べた通り、福岡市内のホテルで食べたビュッフェの中で一番美味しかったです。私の大好きなヤングコーンもありました。

注意点は、このクラスのホテルならビュッフェ料金に含まれているのが一般的なカプチーノやカフェラテなどのエスプレッソが別料金なこと。お茶類は、コーヒーと紅茶のみが無料(料金に含まれている)、それ以外は有料(別料金)です。

都ホテル 博多:朝食のメニュー表。洋食ビュッフェ(ブレックファスト ブッフェ)と和食御膳はいずれも2,900円(税サ込)。

朝食のメニュー表。洋食ビュッフェ(ブレックファスト ブッフェ)と和食御膳はいずれも2,900円(税サ込)。

都ホテル 博多:洋食ビュッフェの料理。この中だと右上のヤングコーンと左下のキウイが特に美味しかった。

洋食ビュッフェの料理。この中だと右上のヤングコーンと左下のキウイが特に美味しかった。

都ホテル 博多:洋食ビュッフェの料理。チョコクロワッサンをはじめ、デニッシュ類が美味しかった。

洋食ビュッフェの料理。チョコクロワッサンなどデニッシュが美味しかった。

都ホテル 博多:洋食ビュッフェの料理。ソーセージ、ベーコンなどのホットミールは全部美味しい。デザートのパンケーキはホイップクリーム&メープルシロップとの組み合わせがおすすめ。アラカルト料理で注文した鰯明太エッグベネディクトは普通。

洋食ビュッフェの料理。ソーセージ、ベーコンなどのホットミールは全部美味しい。デザートのパンケーキはホイップクリーム&メープルシロップとの組み合わせがおすすめ。アラカルト料理で注文した鰯明太エッグベネディクトは普通。

BACK TO INDEXBack to Index

ティータイム(スイーツビュッフェ/15時~17時/3,200円)

都ホテル 博多:

15時~17時のティータイムは、ドリンクバー付きのデザートビュッフェが3,200円(税サ込)で食べ放題。パティシエ自慢のスイーツがおよそ30種用意されています。菓子類のほとんど(すべて?)が館内で作られているので驚きです。

ラインナップは、フィナンシェ・マドレーヌなどの焼き菓子、ロールケーキ等のスポンジケーキ類、チーズケーキ、シュークリーム、タルト、ゼリー、パンケーキ、果物、タコライスやキッシュ・フライドチキン・ハンバーガー等のホットミール...など、多岐にわたります。全体的にしつこい味付けの料理が少なくさっぱりしています。品数が多くて全部は食べられなかったけど、スイーツの中で一番美味しかったのは、あっさり目の味付けのチョコレートケーキ。

あとは、スイーツビュッフェでは脇役になりがちなホットミール(ハンバーガーやフライドポテト等)も美味しくて気にいりました。

味・サービス・雰囲気すべてよし。東京のホテルでは考えられないコスパの高さに大満足。

都ホテル 博多:店内中央のフードテーブルに並んだスイーツが食べ放題。

店内中央のフードテーブルに並んだスイーツが食べ放題。

都ホテル 博多:ティータイムのスイーツ。

ティータイムのスイーツ。

都ホテル 博多:ティータイムのスイーツ。右下のチョコレートケーキがお気に入り。

ティータイムのスイーツ。右下のチョコレートケーキがお気に入り。

都ホテル 博多:フライドポテト、ハンバーガー、キッシュ、フライドチキン等のホットミールも美味。ビュッフェの場合、時間が経つにつれて揚げ物の劣化が著しいが、しっかり補充と交換をしているのか、表面がいずれもサクサク高鮮度で食べられた。左下はライスにトマト、ミートソース、チーズ、レタスをまぜたタコライス。パンケーキはシェフに注文するとテーブルまで届けてくれる。味付けがシンプルで良い。

都ホテル 博多:フライドポテト、ハンバーガー、キッシュ、フライドチキン等のホットミールも美味。ビュッフェの場合、時間が経つにつれて揚げ物の劣化が著しいが、しっかり補充と交換をしているのか、表面がいずれもサクサク高鮮度で食べられた。左下はライスにトマト、ミートソース、チーズ、レタスをまぜたタコライス。パンケーキはシェフに注文するとテーブルまで届けてくれる。味付けがシンプルで良い。

BACK TO INDEXBack to Index

コーヒータイム&お土産@カフェ エンパシー

都ホテル 博多:カフェ エンパシー

カフェ エンパシー

3階ロビーフロアにあるロビーラウンジ「カフェ エンパシー」。営業時間は11時~20時。ドリンク以外にもサラダやパスタ等の料理もあります。

チェックイン時にもらったワンドリンク無料券を使うために利用しました。開業直後にも関わらず、目立った混雑もなく寛げました。

また、テイクアウト用のパンとオリジナルクッキーも販売しています。クッキーはしっかりとした箱に詰めてもらえるのでギフトにも最適です。

都ホテル 博多:ラテアートが施されたホットカフェラテ。

ラテアートが施されたホットカフェラテ。

テイクアウト用のオリジナルクッキー

テイクアウト用のオリジナルクッキー

BACK TO INDEXBack to IndexBack to Index

その他施設

屋上温泉スパ(プール・ジェットバス・足湯・内湯・サウナ)

都ホテル 博多:屋上温泉スパ:温泉プールとジェットバス(手前)

屋上温泉スパ:温泉プールとジェットバス(手前)

都ホテル 博多:

屋上温泉プール:プールサイドでは軽食やドリンクのオーダーも可能。

最上階13階には、天然温泉を利用したプールや足湯、浴場(内湯)やサウナ(男性:ドライサウナ、女性:スチームサウナ)が完備された屋上温泉スパ「スパ ルシーダ(SPA lucida)」があります。宿泊者は無料で利用できます。

プールは屋外ですが温水なので肌寒い季節もお風呂感覚で楽しめそうです。プールサイドでは、軽食やドリンクもオーダー可能。水着はレンタルできるので思い立ったら気軽にいけるのも良いです。

客室から屋上温泉スパまでは、客室に用意されたバスローブとスリッパでの移動がOK、わざわざ更衣室で着替える必要はありません。当日もほとんどの人がバスローブ姿で来館していました。

  • プール(屋外/温泉):35℃
  • 足湯(屋外/温泉):41℃
  • ジェットバス(屋外/上水):41℃
  • 浴場(屋内/温泉):水温不明

プールは、朝から晩までクラブミュージックがガンガン流れているので、苦手な方もいるでしょうが。居心地はとても良かったです。特にライトアップされた夜の時間帯はおすすめ。都心で気軽に非日常を味わえるスポットとして流行りそうです。

営業時間、水着レンタル料金などは公式サイトをご覧ください。

www.miyakohotels.ne.jp

都ホテル 博多:屋上温泉プール:8mもの高さから流れる滝

屋上温泉プール:8mもの高さから流れる滝

都ホテル 博多:屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

都ホテル 博多:屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

都ホテル 博多:屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

都ホテル 博多:屋上温泉プール:ライトアップされたナイトプール

屋上温泉スパ:温泉プール、ジェットバス、足湯、採暖室

屋上温泉スパ:ジェットバス、足湯、プールサイド、採暖室

内湯(浴場)は、男女別なので全裸でOK。タオル、シャンプー、ボディーソープなど、必要なものは一通り用意されているので手ぶらで大丈夫。とにかく綺麗で清潔。大浴場が苦手な私も気持ちよく使えました

都ホテル 博多:屋上温泉スパ:男性用内湯

屋上温泉スパ:男性用内湯

屋上温泉スパ:男性用内湯にはドライサウナと水風呂が完備。女性用内湯にはスチームサウナが完備(水風呂なし)

屋上温泉スパ:男性用内湯にはドライサウナと水風呂が完備。女性用内湯にはスチームサウナが完備(水風呂なし)

BACK TO INDEXBack to Index

店舗フロア(地下1階~2階)

都ホテル 博多:大賀薬局

都ホテル 博多:大賀薬局

ホテルの地下1階から2階の低層フロアは、地下1階は「デイリー&カジュアルのフロア」、1階は「上質なライフスタイルを発信するフロア」、2階は「九
州の食を楽しむフロア」をコンセプトとする6店舗が営業しています。

  • 地下1階:セブン‐イレブン 都ホテル 博多店、タリーズコーヒー 都ホテル博多店、ワインと天ぷら あら木 都ホテル 博多店
  • 1階:大賀薬局
  • 2階:博多もつ鍋おおやま、対馬のどぐろとイカ活き造り 博多 魚蔵

滞在中はディナーの時間に地下1階の「ワインと天ぷら あら木 都ホテル 博多店」を利用しました。店内は立ち飲みスタイルで手ごろな料金で楽しめます。好きな天ぷらを単品注文できるのが素敵です、ヤングコーン6本注文しました。

ヤングコーンは1本たったの100円!コスパは高めです。

ワインと天ぷら あら木 都ホテル 博多店:1本100円のヤングコーン!美味い!

ワインと天ぷら あら木 都ホテル 博多店:1本100円のヤングコーン!美味い!

ワインと天ぷら あら木 都ホテル 博多店:1本300円の海老。衣がサクサクしてて何もつけずに食べても美味しい!

ワインと天ぷら あら木 都ホテル 博多店:1本300円の海老。衣がサクサクしてて何もつけずに食べても美味しい!

www.winesalon-araki.com

www.motu-ooyama.com

uokura-hakata.com

BACK TO INDEXBack to Index

都ホテル 博多の滞在を楽しむためのポイント&注意点まとめ

  • 宿泊人数(1名or2名)によって料金が異なる。
  • 流れる滝に沿って位置するテラス付きの客室「ザ・テラス」は6室あるが部屋タイプの指定不可(2019年9月28日時点)。
  • 「ザ・テラス」以外の客室の間取りはスーペリア、デラックス、ラグジュアリーの3種類。上層階(9~12階/プレミアムルーム)は低~中層階よりも高い料金設定。客室スペック比較
  • 客室の窓ガラスはプライバシー加工がなく、向かいのビルから丸見え。レースカーテンを閉めることを推奨。
  • 朝食は、洋食ビュッフェと和食御膳のいずれかを選択(1名分の料金で両方の注文不可)。カフェラテ、カプチーノ等のエスプレッソは別料金。
  • 朝食もティータイム(スイーツビュッフェ)も料理が美味しいし、料金は東京と比べて安い。外来(宿泊者以外の)利用OK。朝食&ティータイム@サムウェア レストラン&バー
  • 宿泊者は屋上にあるプール、足湯、内湯(浴場)を無料で利用可。水着レンタルアリ(有料/プレミアムルーム、ザ・テラスの宿泊客は無料)。客室からバスローブでのアクセスOK。屋上温泉スパ(プール・足湯・サウナなど)
  • 男性向けにドライサウナ+水風呂、女性向けにスチームサウナが完備。
  • フィットネスジムなし。

BACK TO INDEXBack to Index

都ホテル 博多の宿泊料金確認・予約

BACK TO INDEXBack to Index