高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間80日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

【速報】名古屋プリンスホテルスカイタワー 宿泊記 2017年(客室・眺望・クラブラウンジ・レストラン)

f:id:richweb:20171004142612j:plain

2017年10月2日(月)に開業した名古屋プリンスホテルスカイタワーに宿泊しました。名古屋初のプリンスホテルということで、名古屋人の私は開業を楽しみにしていました。

マリオットと提携しているザ・プリンスさくらタワー東京、スターウッドと提携しているザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町には最近泊まりましたが、外資と提携していないプリンスホテルに泊まるのはザ・プリンス パークタワー東京以来、およそ10年ぶりです。

このページでは名古屋プリンスホテルスカイタワーの様子を紹介します。

感想(施設・サービス・料金設定など)

客室が高層階確約であることや「スカイタワー」という名前から、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町のような高級ホテルを勝手に想像していましたが、ドアサービス、ルームサービス、ミニバーサービス、靴磨きサービス、スパはなく、シティホテルとビジネスホテルの中間の位置づけのような、リミテッドタイプのホテルでした。

とはいえ、施設とサービスの質は高く、心地のよい滞在になりました。

施設においては、新規開業のためインテリアは新しく、眺望がよい、水回りや照明の機能性は高いです。

サービスにおいては、スタッフの皆さんの仕事に対するひたむきさが印象的でした。例えば、ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町は開業にあたり、旧赤坂プリンスをはじめ全国のプリンスグループから精鋭スタッフが集結したそうですが、こちらは新卒を採用し、現場は若手が主体のようです。開業直後なこともありオペレーションは不慣れな印象を受けたものの、それ以上に若い個々のスタッフの情熱と懸命な姿勢に好感が持てました、素敵です。

料金は、一休.comではスタンダードルームが安い日で1室1泊15,000円~、週末は25,000円~。フルサービスを提供するヒルトン名古屋よりも安めの価格設定で妥当だと思います。クラブラウンジ利用付きで2万円台前半(できれば1万円台が望ましい...)ならば、是非再訪したいクオリティでした。

名古屋プリンスホテルスカイタワー宿泊料金 一休.com

場所:名古屋駅から徒歩12分

場所は、再開発で注目されている「ささしまライブ24地区」に新しくできたグローバルゲートという商業施設の31階から36階。名古屋駅から徒歩12分、あおなみ線の「ささしまライブ」駅から徒歩2分の立地です。ストリングスホテルのすぐ近くです。

f:id:richweb:20171004175912j:plain

同地区でひときわ大きな建物がグローバルゲートです。

f:id:richweb:20171004142747j:plain

外観・ロビー・チェックイン

f:id:richweb:20171004142805j:plain

タクシーでホテルへ向かいエントランスで降車します。ドアマンは待機していません。

f:id:richweb:20171004142822j:plain

地上ロビーに置かれた無数の贈花から期待の高さがうかがえます。

f:id:richweb:20171004142839j:plain

ホテルロビーのある31階までエレベーターで上がります。

f:id:richweb:20171004142917j:plain

ホテルロビーは吹き抜けで開放感のある構造です。

・31階:ロビー・クラブラウンジ・レストラン天空
・32階:ビジネスセンター・フィットネスセンター・ボードルーム・客室
・33-36階:客室
プールとスパはありません。

f:id:richweb:20171004143014j:plain

f:id:richweb:20171004175948j:plain

フロントでチェックインを済ませて、33階の客室へ案内頂きました。エレベーターは、終日セキュリティがかかっており、エレベーター内のセンサーにルームキーをかざします。

客室:スカイキングルーム(約32㎡)

f:id:richweb:20171004180010j:plain

f:id:richweb:20171004180034j:plain

f:id:richweb:20171004180051j:plain

客室は3段階のグレードに分類されます。ビュー(眺望)による料金差はありません。

・スカイツインルーム・スカイキングルーム(32㎡)
・デラックスコーナールーム(59㎡)
・プレミアムコーナールーム(79㎡)

今回アサインされたのは、予約通りスカイキングルーム。 インテリアは若干チープな印象を受けましたが、私の好みの都会的なデザインでした。

f:id:richweb:20171004014142j:plain

窓の外には美しい景色が広がります。

f:id:richweb:20171004143436j:plain

眼下に名駅地区の街並みが、少し遠くに目を向けると名古屋駅のツインタワー(名古屋マリオットアソシアホテル)が見えます。

f:id:richweb:20171004143448j:plain

鉄道の様子もよく見えますので、トレインビューをご希望の方におすすめのホテルです。(線路に近いので、(特に)深夜・早朝の走行音が気になる方はトレインビューの客室は避けるべきです)

窓際のソファに腰をかけて、何も考えずに景色や電車の様子を眺めて、贅沢な時間を過ごせました。

f:id:richweb:20171004181140j:plain

ミニバーサービスはなく冷蔵庫の中は空。ビルの1階(ファミマ)や徒歩圏にコンビニ(セブンイレブン)があるので必要なものはこちらで揃えます。プリンスホテルのロゴの入ったボトルウォーターは無料です。

f:id:richweb:20171004015457j:plain

カプセル式コーヒーメーカー(ドルチェグスト)もあります。

f:id:richweb:20171004015412j:plain

カプセルコーヒー、煎茶、ほうじ茶の用意があり、こちらは無料です。

f:id:richweb:20171004180010j:plain

シンク、バスルーム、トイレはそれぞれ独立しています。シンクとベッドルームとの間に仕切りのない珍しい間取りです。 

f:id:richweb:20171004181802j:plain

シンクの隣にはプリンスホテルのビニール袋に包装された、歯ブラシ、カミソリ、シャワーキャップ、ヘアブラシ、そしてミキモトの入浴剤があります。ストリングスホテル名古屋と同様ミキモトを採用するところに名古屋らしさを感じました。

f:id:richweb:20171004181835j:plain

バスタブと洗い場があるのは嬉しいです。シャワーはレインタイプとハンドタイプの2種類がありますが、同時には使えません(切替タイプ)。シャワーの水勢は強めで最高。

f:id:richweb:20171004022237j:plain

バスアメニティはポーラ(POLA)。使い切りタイプではないのが気になりました...

f:id:richweb:20171004181851j:plain

トイレ

31階クラブラウンジ

概要・内観

  • 場所:31階ロビーフロア、チェックインカウンター隣。
  • 対象者:デラックスコーナールーム・プレミアムコーナールーム宿泊者、クラブラウンジアクセス付プランの宿泊者、アクセス権(1人あたり5,000円)を購入した宿泊者、西武プリンスクラブゴールド会員および同室の宿泊者
  • 営業時間:6時30分~21時、モーニングタイム(朝食):6時30分~10時、ティータイム(スナック提供):10時~17時、スイーツタイム(スイーツ提供):14時~16時、カクテルタイム(オードブル・アルコール提供):17時~21時
  • クラブラウンジでの、チェックイン・チェックアウト手続き不可。これらの業務はすべて31階フロントデスクで行います。
  • チェックイン前のご利用不可。ハイアットやヒルトンのような柔軟なご対応・ご配慮は難しいようです。アーリーチェックインをご希望の方は要注意。 

今回は、スカイキングルームでの滞在でしたが、一休.comでクラブラウンジ付プランを予約したため、利用できました。ロビーフロアにクラブラウンジがあるのは珍しいですね。

f:id:richweb:20171004182013j:plain

f:id:richweb:20171004182017j:plain

f:id:richweb:20171004182023j:plain

天井の高い開放感のある室内に木材を随所に盛り込んだインテリア、私の大好きなアンダーズ東京のロビーフロアと同じような雰囲気を感じました。

スイーツタイム:14時~16時

f:id:richweb:20171004182154j:plain

スイーツタイムには、ビュッフェテーブルに色鮮やかなスイーツが綺麗に並べられます。ケーキ、ゼリー、マカロン、クッキー、カヌレなど...品数はそれほど多くありませんが、一品一品が丁寧に作り込まれている印象を受けました。

f:id:richweb:20171004182300j:plain

f:id:richweb:20171004182312j:plain

f:id:richweb:20171004182323j:plain

一番気に入ったのは上の写真のマカロン。一口サイズで、中身のジャムがほどよい甘みで上品な味わいでした。

カクテルタイム:17時~21時

f:id:richweb:20171004182503j:plain

17時から始めるカクテルタイムはアルコールとオードブルが提供されます。アルコールは写真に映っている以外に、瓶ビール等もあります。

f:id:richweb:20171004034440j:plain

スパークリングワインもありました。

f:id:richweb:20171004034459j:plain

オードブルは夕飯の代わりになるほどのボリュームはありません。写真中央のクラブミートが美味しかったです。

f:id:richweb:20171004034614j:plain

サーモンもなかなか美味しく頂けました。

モーニングタイム:6時30分~10時

f:id:richweb:20171004144331j:plain

モーニングタイム(朝食)はビュッフェ形式のコンチネンタルブレックファースト。エッグステーションはありません。

f:id:richweb:20171004144443j:plain

f:id:richweb:20171004144458j:plain

f:id:richweb:20171004182629j:plain

f:id:richweb:20171004182655j:plain

f:id:richweb:20171004182714j:plain

サラダ、スクランブルエッグ、ハム、ソーセージ、コーンスープ、パン、ペストリー、シリアル、ヨーグルトなど...すべて美味しく頂けましたが品数が少ないので、連泊だと飽きてしまいそうです。

色々な料理を食べたい方には、31階レストラン天空の和洋食ビュッフェをおすすめします(大人1人2,700円)。

31階レストラン天空:ディナービュッフェ

カクテルタイムの後に、ブロガーの方々とホテル内の唯一のレストラン、オールデイダイニングの「天空」のディナービュッフェへ行きました。料金は大人1人あたり4,500円(税込)。

f:id:richweb:20171004035319j:plain

「天空」という名の通り、美しい夜景を楽しめます。窓際の席は人気なので、早めの予約をおすすめします。

f:id:richweb:20171004035428j:plain

ジャンルは地中海料理。パスタ、ブイヤベース、ひよこ豆のイタリアンスープなど多彩なメニューの中から好きなものを好きなだけ食べられます(写真はありません...)。また、パエリアなど米を使ったメニューはなく、ご飯好きの方にはもの足りないかもしれませんが、糖質の誘惑に弱い私にはありがたいラインナップでした。

f:id:richweb:20171004040457j:plain

お肉をシェフの方に焼いて頂けます。お肉の下に敷かれたヒマラヤ岩塩プレートのおかげでいい感じの塩加減でした。

f:id:richweb:20171004040736j:plain

美味しい。

f:id:richweb:20171004040754j:plain

デザートのアイスクリームとシャーベットも食べ放題。おすすめはほうじ茶アイスと塩ミルクアイス。

f:id:richweb:20171004040856j:plain

コーンに可愛く盛り付けて頂けます。

f:id:richweb:20171004035936j:plain

美しいスイカアート。SNS投稿の宣伝効果は大きいらしく「フォトジェニック」や「インスタ映え」も集客において大切だとか。

以上、駆け足となりましたが、名古屋プリンスホテルスカイタワー宿泊記の紹介でした。

ホテル情報

ホテル名:名古屋プリンスホテルスカイタワー
ホテルチェーン:プリンスホテルズ&リゾーツ
運営会社:株式会社プリンスホテル
住所:〒453-6131 愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート
最寄り駅・アクセス :名古屋駅から徒歩12分、あおなみ線「ささしまライブ」から徒歩2分

宿泊料金確認・宿泊予約