高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間100日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

オークラプレステージ台北 宿泊記 2018年(外観・客室・レストラン)

f:id:richweb:20180416021918j:plainOkura Prestige Taipei:Exterior

今年3月に台北のオークラプレステージ台北に宿泊しました。その時の様子を紹介します。

 

目次

感想(施設・サービス・料金設定など)

オークラ ホテルズ & リゾーツ所属のホテルの多くはザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟していますが、プレステージ台北は未加盟。したがって今回はエクスペディアから予約しました。1泊あたりの料金32,905円(税サ込)は台北のホテルの中では高額ですが、価格に見合ったクオリティ。台北滞在時間わずか18時間の弾丸トラベルでしたが、ストレスを感じない快適な滞在でした。

開業してから日が浅く(2012年開業)、内装は新しくて設備も機能的。オークラらしい重厚でエレガントなインテリアは特別感を与えてくれました。ウォッシュレットやバスタブなど、日本人のニーズに応えた設備もさすがです(枕元に電源がないことだけが不便)。

ほとんどのスタッフが日本語話者で館内のアナウンスは日本語併記。接客についてもいわゆる日本スタイル。まるで国内のホテルにいるようでした。台北という土地柄もあって、より日系らしさを感じられました。

BACK TO INDEXBack to Index

チェックイン・ロビー

f:id:richweb:20180416021918j:plainOkura Prestige Taipei:Exterior

オークラプレステージ台北は、日本人にも人気の観光エリアである中山駅から徒歩3分の立地。建物は2012年の開業に合わせて竣工されたため新しいです。

f:id:richweb:20180416041029j:plainOkura Prestige Taipei:Lobby Floor

吹き抜け構造のロビー。

大理石調のタイルとシャンデリアがエレガントな空間を演出します。

f:id:richweb:20180416041039j:plainOkura Prestige Taipei:Lobby Floor

フロント前のスペース。台湾らしいオリエンタルなデザインに思わず魅了されました。原則すべての宿泊者は、左手にあるフロントデスクでチェックイン手続きを行います。

f:id:richweb:20180416041053j:plainOkura Prestige Taipei:The Pearl

客室準備中とのことで、ロビーフロアにあるカフェラウンジ「The Pearl」のクーポンを頂き、コーヒーを飲みながら待機します。

f:id:richweb:20180416041109j:plainOkura Prestige Taipei:Guest Room Floor

準備ができると、日本語の話せるベルボーイに案内されて客室へ向かいます。過半数のスタッフは日本語を話せるとのこと。

f:id:richweb:20180416041120j:plainOkura Prestige Taipei:Guest Room Floor

客室フロアの通路はプレステージバンコクと比べて、明るく、クラシックな雰囲気。

BACK TO INDEXBack to Index

客室:プレミアムプレステージルーム(1620号室)

f:id:richweb:20180416041137j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room

標準客室のプレステージルームを予約しましたが、満室でしたし準備ができてなかったのでしょうか、プレミアムプレステージにアップグレードされました。

f:id:richweb:20180416041208j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room

15階~19階の高層階にある広さ56㎡のステューディオタイプの客室。ベッドルームとウェットエリア大きな引き戸で仕切られた間取りです。

f:id:richweb:20180523100933j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Wet Area

ウェットエリアも広さは十分。

f:id:richweb:20180523100957j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Wet Area

オークラらしくバスタブと洗い場があるので日本人も安心。

f:id:richweb:20180523100943j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Bath Amenites

バスアメニティは、コンラッド東京などと同じアロマセラピーアソシエイツ。歯ブラシなどはひとつひとつホテル名が書かれたオリジナルケースに詰められています。

f:id:richweb:20180523102301j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Mini Bar

f:id:richweb:20180523102247j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Mini Bar

ミニバーにあるカプセルコーヒーやお茶は無料、スナックや冷蔵庫の中のドリンクは有料です。

f:id:richweb:20180611045751j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Welcome Sweets

ウェルカムスイーツとしてオークラ台北名物のパイナップルケーキが2個用意されていました。このケーキは美味しいしパッケージも綺麗なので前回の訪台の時もお土産に購入しました。1階のショップ「THE NINE」でも販売されています。

f:id:richweb:20180523101014j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Toilet

f:id:richweb:20180523101036j:plainOkura Prestige Taipei:Premium Prestige Room / Toilet

トイレはTOTO製でウォッシュレットが完備。

BACK TO INDEXBack to Index

日本料理レストラン:山里

f:id:richweb:20180523102331j:plainOkura Prestige Taipei:Restaurant Yamazato

行列に並んで小籠包を食べるのも面倒ですし、雨が降っていたこともあり、館内の日本料理レストランの山里(Yamazato)で軽めの夕食を取りました。

f:id:richweb:20180523102346j:plainOkura Prestige Taipei:Restaurant Yamazato

山里では、会席料理やお寿司、天ぷらなど様々な日本料理が食べられます。寿司カウンター、天ぷらカウンターもあり、台北では本格的な日本料理屋としてそれなりに知られているそうです。

f:id:richweb:20180523102357j:plainOkura Prestige Taipei:Restaurant Yamazato / Unajyu

f:id:richweb:20180523102408j:plainOkura Prestige Taipei:Restaurant Yamazato / Unajyu

オーダーしたのはうな重。弾力のある食感で名古屋風のカリカリ食感が好きな私にとってはイマイチでしたが、価格(700台湾ドル)に見合った美味しさだと思います。

BACK TO INDEXBack to Index

ホテル情報

ホテル名:オークラプレステージ台北(Okura Prestige Taipei)
ホテルチェーン:オークラ ホテルズ & リゾーツ
所在地:10491台北市中山區南京東路一段9號

BACK TO INDEXBack to Index