高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間100日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

カタール航空 A380-800 ファーストクラス 搭乗記 2017年

f:id:richweb:20180321182406j:plainQatarairways:A380-800 Premium Lounge for Firstclass and Businessclass Passenger

今回は大好きなカタール航空のファーストクラスに搭乗した時の様子を紹介します。

カタール航空は航空業界において最高の栄誉といわれる「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を獲得した航空会社。昨年2017年はそんなカタール航空のファーストクラスに3回も搭乗して至れり尽くせりのサービスを存分に堪能しました。ベストエアラインの名に相応しい最高のクオリティでした。

 

目次

ファーストクラス運航路線(短距離路線除く):4路線

f:id:richweb:20180322030247g:plain

カタール航空のファーストクラスはエアバスA380-800という機材にのみ搭載されています*。したがって、現時点ではエアバスA380-800=ファーストクラス搭載機材と考えて大丈夫です
エアバスA380-800を運航している路線は次の4路線。ただし、該当する路線でもA380以外の機材(A350、B777など)で運航している便もあるので、その便にファーストクラスはありません。
  • ドーハ - ロンドン(DOH-LHR)←今回のフライト
  • ドーハ - パリ(DOH-CDG)←今回のフライト
  • ドーハ-広州(DOH-CAN)
  • ドーハ - シドニー(DOH-SYD)

今回はドーハ-ロンドン(DOH-LHR)、ドーハ-パリ(DOH-CDG)の2路線におけるフライトをレポートします。

*DOH-MCTなど短距離路線においてもファーストクラスはありますが、シートや機内食は一般的なファーストクラスのような豪華なものではないためここでは除外しています。

シート&アメニティ

f:id:richweb:20180321181612j:plainQatarairways:A380-800 Firstclass Cabin

f:id:richweb:20180321181606j:plainQatarairways:A380-800 Firstclass Cabin

同社のエアバスA380-800のファーストクラスのシートはアッパーデッキ(2階)の先頭に8席用意されています。

シンプルと豪華さの両方を兼ね備えたスタイリッシュなデザイン。同じく中東御三家のエミレーツ航空やエティハド航空のプライベートスイートに対して開放感のある造り。

縦・幅ともに十分な広さで存分に寛げて、座り心地も抜群です。

f:id:richweb:20180321181637j:plainQatarairways:A380-800 Firstclass Cabin

シートは当然フルフラット。ファーストクラスであればCAがベッドメイキングしてくれるのが慣例ですが、ロンドンおよびパリ路線はマットレス等の提供はありませんでした。

f:id:richweb:20180321181708j:plainQatarairways:Firstclass Amenity BRIC'S

アメニティポーチはイタリアのブランドBRIC'S(ブリックス)。以前はアルマーニでしたが変更したようです。ポーチの中身は歯ブラシやアイマスクなど。

f:id:richweb:20180321181735j:plainQatarairways:Firstclass Amenity BRIC'S

当時のポーチの色展開は4種類、そのうち2色が男性用、他2色が女性用、それぞれのニーズに合わせて中身が違います。搭乗するたびに異なるカラーを頂きました。

機内食

お楽しみの機内食はメニューリストからアラカルト料理を選ぶスタイル。ファーストクラスなので好きな料理を好きなタイミングでオーダーできます。

f:id:richweb:20180321181819j:plainQatarairways:Firstclass Champagne Billecart Salmon

f:id:richweb:20180321181833j:plainQatarairways:Firstclass Champagne Billecart Salmon

ふだんはお酒を飲みませんが、唆されたこともありフライトの時はシャンパンを一杯だけ頂きます。

f:id:richweb:20180321181907j:plainQatarairways:Firstclass In-Flight Meal DOH→CDG,DOH→LHR

f:id:richweb:20180321182007j:plainQatarairways:Firstclass In-Flight Meal DOH→CDG,DOH→LHR

f:id:richweb:20180321182336j:plainQatarairways:Firstclass In-Flight Meal DOH→CDG,DOH→LHR

機内食は美味いです、外れはほとんどありません。

特に美味しかったのが、パリ発ドーハ着(CDG→DOH)の機内食。さすが美食の街パリで調達しただけあり食材はピカイチ。味だけでなく見た目にも美しい料理の数々に圧倒されました。

次に紹介する4枚はCDG→DOHの機内食の写真です。

f:id:richweb:20180321182036j:plainQatarairways:Firstclass In-Flight Meal CDG→DOH:Oscietra caviar with accompaniments,blinis and melba toast

キャビアが美味しい。添えもののサワークリームやオニオン、トーストも最高です。

f:id:richweb:20180321182047j:plainQatarairways:Firstclass In-Flight Meal CDG→DOH:Soup of the day(tomato taste)

本日のスープはトマトスープ。濃厚でアツアツで美味しくてあっという間に完食。

f:id:richweb:20180321182056j:plainQatarairways:Firstclass In-Flight Meal CDG→DOH:Grilled Fillet of beef

ステーキの焼き加減はウェルダン一択。焼き加減を一律&マニュアル化することで誰が作っても同じ柔らかさで提供できるようするためだと思います。今まで機内で食べたステーキの中で一番美味しかったです。

f:id:richweb:20180321182113j:plainQatarairways:Firstclass In-Flight Meal CDG→DOH:Chocolate terrine with orange confit

デザートのチョコレートケーキは、超一流パティシエが作ったかと思うほどの逸品。控えめに言って最高でした。

機内ラウンジ

f:id:richweb:20180321182406j:plainQatarairways:A380-800 Lounge

f:id:richweb:20180321183815j:plainQatarairways:A380-800 Lounge

アッパーデッキ(2階)の後方にはファーストクラスとビジネスクラスの乗客が利用できるラウンジがあります。こちらのバーカウンターでは豊富なお酒が用意されていて様々なカクテルを作ってもらえます(もちろん無料)。日系エアラインにはない豪華な設備もカタール航空の特長です。