高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間80日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(1)チェックイン

f:id:richweb:20170613161524j:plain

5月後半、梅雨時の沖縄へ渡航した際、ザ・リッツ・カールトン沖縄に滞在しました。世界中で上質なサービスを提供しているリッツが、沖縄の地でどのような運営をしているのか以前から気になっていましたが、ハードもソフトも素晴らしい内容でした。さすがリッツです!

これから8回にわたりリッツ沖縄の宿泊記を紹介します。 第1回はチェックイン編です。

 

ザ・リッツカールトン沖縄を予約する[一休.com]

第1回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(1)チェックイン編
第2回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(2)客室 ベイデラックスルーム
第3回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(3)朝食ビュッフェ@グスク
第4回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(4)ディナー 沖縄料理&バーベキュー@グスク
第5回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(5)プライベートビーチ@喜瀬ビーチ(送迎無料)
第6回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(6)プール&フィットネスジム
第7回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(7)アクティビティプログラム
第8回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(8)アフタヌーンティ@ザ・ロビーラウンジ

リッツ沖縄のロケーションですが、沖縄本島の名護市にあります。有名なリゾートホテルのブセナテラスの近くです。

那覇空港からの所要時間は車でおよそ1時間30分~2時間。空港からならリムジンバス(大人2,100円)がありますが、今回は前泊していたハイアットリージェンシー沖縄にて手配頂いた送迎リムジンで向かいました。料金は片道14,000円。f:id:richweb:20170613161528j:plain

海辺ではなく小高い丘の上にあります。5月後半ですでに梅雨入りしていましたが、写真のように青い空が広がる時間帯もありました。スタッフの方のお話によると、沖縄は梅雨時でも本土のような一日中ジメジメした気候ではなく、メリハリがあるそうです。

f:id:richweb:20170613161529j:plain

エントランスで車から降りて、ロビーでチェックイン手続きがはじまります。

f:id:richweb:20170613161520j:plain

ロビーには窓がなく、気持ちの良い海風が入り込んできます。開放的でリゾート感があります。

f:id:richweb:20170613161527j:plain

沖縄ではよく見かけるデザインのソファーも、なんというか普通のソファーとは違い、リッツらしく高級感があります。

f:id:richweb:20170613161530j:plain

ロビーフロアで最も印象的だったのは、屋外テラス。ウォーターエリアが美しい。

f:id:richweb:20170613161521j:plain

f:id:richweb:20170613161522j:plain

素敵な空間に魅了されます。 

f:id:richweb:20170613161523j:plain

デッキからはゴルフ場と海が見えます。

f:id:richweb:20170613161524j:plain

デッキチェアに座って海風を浴びながら眺める景色は最高です。

f:id:richweb:20170613161535j:plain

夜は灯篭が灯り、昼間とは違った幻想的な雰囲気になります。

f:id:richweb:20170613161533j:plain

チェックインの際は、客室のこと、レストランのこと、アクティビティのこと、プライベートビーチのこと、スパのこと、ホテルに関する様々なことをわかりやすく丁寧に説明して頂きました。

今回は旅行予約サイトの一休.comで予約をしました。リッツカールトンでは、一休.comのような予約サイトを通じて予約した場合はリッツのポイント「ザ・リッツ・カールトン・リワード」は獲得できませんが、エリート会員の特典は受けられます。私はゴールドエリート会員ですので、16時までのレイトチェックアウトサービスが適用されました。

f:id:richweb:20170613161526j:plain

リッツ沖縄は7階建てで、ロビーフロアがあるのは3階。ロビーと客室、ブティック(売店)の他に、オーデイダイニングの「グスク」、鉄板焼きの「喜瀬」、アフタヌーンティを提供している「ザ・ロビーラウンジ」、イタリアンの「ちゅらぬうじ」、以上4つのレストランがあります。滞在中は「グスク」と「ザ・ロビーラウンジ」の2店舗を利用させて頂きましたが、どちらも満足のいく内容でした(レポートは別の回で公開します)。

f:id:richweb:20170613161519j:plain

写真は客室行きのエレベーターに向かう通路にあるソファー。ロビーフロアにあるものすべてが美しく、客室への期待も高まります。

続きは、客室編で。

ザ・リッツカールトン沖縄を予約する[一休.com]

第1回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(1)チェックイン編
第2回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(2)客室 ベイデラックスルーム
第3回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(3)朝食ビュッフェ@グスク
第4回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(4)ディナー 沖縄料理&バーベキュー@グスク
第5回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(5)プライベートビーチ@喜瀬ビーチ(送迎無料)
第6回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(6)プール&フィットネスジム
第7回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(7)アクティビティプログラム
第8回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(8)アフタヌーンティ@ザ・ロビーラウンジ

ホテル名:ザ・リッツ・カールトン沖縄
運営会社:株式会社ホスピタリティシステムズ
住所:〒905-0026 沖縄県沖縄県名護市喜瀬1343-1
アクセス :那覇空港から車で1時間30分~2時間