高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間80日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(5)プライベートビーチ@喜瀬ビーチ(送迎無料)

f:id:richweb:20170617220447j:plain

8回に分けて紹介しているザ・リッツ・カールトン沖縄の宿泊記。5回目は、宿泊者専用のプライベートビーチを紹介します。

ザ・リッツカールトン沖縄を予約する[一休.com]

**Facebook**
**Twitter**

第1回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(1)チェックイン編
第2回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(2)客室 ベイデラックスルーム
第3回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(3)朝食ビュッフェ@グスク
第4回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(4)ディナー 沖縄料理&バーベキュー@グスク
第5回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(5)プライベートビーチ@喜瀬ビーチ(送迎無料)
第6回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(6)プール&フィットネスジム
第7回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(7)アクティビティプログラム
第8回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(8)アフタヌーンティ@ザ・ロビーラウンジ

リッツ沖縄は、小高い丘の上にあるためビーチに隣接していません。しかし、ホテルにほど近い場所にプライベートビーチがあり、無料送迎も行っています。f:id:richweb:20170617220450j:plain

プライベートビーチ「喜瀬ビーチ」は、ホテルから最短のルートで1.3km、車で5分もかかりません。喜瀬ビーチパレスというホテルから買い取ったのかレンタルしているのか詳しいことはわかりませんが、ビーチの一部を間借りしていて宿泊者しか利用することができません。

f:id:richweb:20170617220437j:plain

ホテルのフロントで送迎リムジン(無料)を手配して出発します。

f:id:richweb:20170617220438j:plain

送迎リムジンはワゴンタイプ。しっかり手入れがされているので、ボディも車内も清潔で快適です。

f:id:richweb:20170617220445j:plain

喜瀬ビーチに到着すると、ドライバーの方が荷物を運び、ビーチの利用方法について説明して下さいます。最後に「お帰りの際はこちらを使ってご連絡ください」と言って携帯電話を貸してくれます。電話で迎えを依頼する仕組みなんですね、なるほど。

f:id:richweb:20170618023321j:plain

タオルとミネラルウォーター、日焼け止めも頂きました。ビーチサンダルは客室に準備されていたし、水着も有料ですがレンタルできるので、手ぶらで来ても心配ありません。

f:id:richweb:20170617220443j:plain

f:id:richweb:20170617220441j:plain

ビーチには宿泊者専用のデッキチェアとパラソルがあります。これらは予約制ではなく先着順ですが、5月で満席になるのは稀とのことでした。着替えは喜瀬ビーチパレスホテルの地下1階にある更衣室を使えますが、少々距離があるので、あらかじめ着替えを済ませて来たほうが手軽です。

f:id:richweb:20170617220446j:plain

砂浜も海も想像していた以上に綺麗でした。梅雨時でしたが、晴れ間が広がる時間帯も多く、写真のように太陽の光が海一面に反射する光景は見ていて爽快でした。

f:id:richweb:20170617220447j:plain

海の上には、筋肉番付のSASUKEに登場しそうなアトラクションもありましたが、上ろうとしたら監視員(喜瀬ビーチパレスのスタッフ?)の方から、有料なので使えない旨声を掛けられました。詳しいことはわかりませんが、利用する前に許可を頂く必要があるようです。

f:id:richweb:20170617220436j:plain

また、ビーチでの時間をさらに楽しいものにさせてくれたのが、ビーチに向かう前にオーダしておいた「リッツニック」というピクニックボックス。(3,000円・サービス料13%別)

f:id:richweb:20170617220439j:plain

f:id:richweb:20170617220444j:plain

ランチが入っているのは、何とも絵になるおしゃれなバスケット。ピンクの保冷バッグには、冷たいリンゴジュースが入っており、暑い浜辺には嬉しい配慮。

f:id:richweb:20170617220449j:plain

ランチの内容は、クラブハウスサンドウィッチ、グリーンサラダ、フルーツ盛り合わせ、クッキー。写真は1人分です。なかなかのボリュームですが、特にサンドイッチは卵、レタス、サーモン、マヨネーズなどの調味料の組み合わせが絶妙で、どんどん食べ進んでしまいます。この料金で、このクオリティと味、大満足でした。

f:id:richweb:20170617220448j:plain

小一時間、沖縄のビーチをほぼ貸し切り。優雅なひと時でした。

「ビーチリゾートは海沿いのホテルが良い」とお考えの方もいらっしゃると思いますが、リッツ沖縄なら海から少し離れていてもビーチを楽しめる環境が整っているのでおすすめします。

ザ・リッツカールトン沖縄を予約する[一休.com]

**Facebook**
**Twitter**

第1回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(1)チェックイン編
第2回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(2)客室 ベイデラックスルーム
第3回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(3)朝食ビュッフェ@グスク
第4回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(4)ディナー 沖縄料理&バーベキュー@グスク
第5回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(5)プライベートビーチ@喜瀬ビーチ(送迎無料)
第6回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(6)プール&フィットネスジム
第7回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(7)アクティビティプログラム
第8回:ザ・リッツ・カールトン沖縄 宿泊記 2017年(8)アフタヌーンティ@ザ・ロビーラウンジ

ホテル名:ザ・リッツ・カールトン沖縄
運営会社:株式会社ホスピタリティシステムズ
住所:〒905-0026 沖縄県沖縄県名護市喜瀬1343-1
アクセス :那覇空港から車で1時間30分~2時間