高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間80日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

ザ・リッツカールトン東京 デラックスルーム キングベッドタイプ 2016年

f:id:richweb:20160406223700j:plain六本木の東京ミッドタウンにある高級ホテル、ザ・リッツカールトン東京のデラックスルームに泊まりました。このページでは今回アサインされた客室、デラックスルームの様子を中心に紹介します。

f:id:richweb:20160506004450j:plain

f:id:richweb:20160406223657j:plain

1階のエントランスから直通エレベータで45階にあがりチェックインをします。ロビーにはチェックインカウンターの他、ラウンジやレストランがあり天井が高く開放的な空間です。f:id:richweb:20160406223658j:plain

チェックインカウンターの前には桜が飾ってありました。この時期はお花見目当ての訪日客が多く、桜の写真を撮影する外国人観光客がたくさんいました。

ベッドルーム

f:id:richweb:20160406223649j:plain

今回アサインされた部屋はデラックスルーム。最もグレードが低い客室ですが、52平米のワンルームで広さは十分。フロントスタッフに部屋まで案内頂き、室内の設備やサービスの説明を頂きました。ベッドルームにはビジネスデスクとキングサイズベッド、窓際にダイニングテーブル&チェアとSONY製のテレビ。客室を見た第一印象は「豪華」。モダンというよりはクラシックな感じ。そしてウェスティン東京の雰囲気に似ています。

f:id:richweb:20160406223648j:plain

f:id:richweb:20160406223651j:plain

f:id:richweb:20160406223650j:plain

f:id:richweb:20160406223630j:plain

ベッドルームの360度画像もご覧ください(RICOH THETAで撮影)

リッツカールトン東京 - Spherical Image - RICOH THETA

ウエルカムアメニティはお洒落なマカロン。f:id:richweb:20160406223653j:plain

噂通りのふかふかのスリッパ。f:id:richweb:20160406223652j:plain

ミニバー

f:id:richweb:20160406223638j:plain

ミニバーは入口近くの棚にあります。茶類、菓子類、ワイン、冷蔵庫の中にはアルコール類とソフトドリンク。最高級ホテルのリッツカールトンレベルなら「そのホテルでしか味わうことのできないオリジナルドリンクやスナック」が用意されていると期待していましたが普通でした。f:id:richweb:20160406223641j:plain

f:id:richweb:20160406223642j:plain

f:id:richweb:20160406223643j:plain

f:id:richweb:20160406223640j:plain

客室からの眺望

リッツカールトン東京はすべての客室が47階以上で高層階確約となので外の眺めは素晴らしい。眺望は赤坂や外苑、新宿方面、遠くにはうっすらと富士山が見えました。f:id:richweb:20160406223631j:plain

f:id:richweb:20160406223632j:plain

バスルーム・洗面台

ウェットエリアもウェスティン東京っぽい。まずは360度画像をご覧ください。

リッツカールトン東京 - Spherical Image - RICOH THETA

壁に沿って独立シャワーブース、トイレ、シンク、バスタブが並ぶ間取り。独立シャワーブースより日本らしく洗い場がある浴室の方が好きです。バスルームが離れてしまうとシャワーだけで済ませることが多くなってしまいます。f:id:richweb:20160406223634j:plain

f:id:richweb:20160406223635j:plain

f:id:richweb:20160406223636j:plain

シャワーはレインタイプとハンドタイプの2つが完備。f:id:richweb:20160406223637j:plain

バスアメニティは英国王室も利用しているらしいAsprey(アスプレイ)。はじめて使いましたが滑らかな使用感で嫌いじゃないです。f:id:richweb:20160406223646j:plain

ホテルロゴの入ったかっこいいタオル。f:id:richweb:20160406223644j:plain

ターンダウンサービス

f:id:richweb:20160406223656j:plain

夜になるとすべての客室にターンダウンサービス(イブニングサービス)が行われます。就寝の用意やタオル交換の他、枕元にはリッツカールトン特製のチョコレートが用意されます。f:id:richweb:20160406223655j:plain

あとがき

客室はいくつも種類がありますが、ワンルームタイプに関しては東京タワーが見えるなどの眺望の違い。大きな相違点なく最もグレードの低いデラックスルームでも十分です。客室は豪華で綺麗。最上階の53階にあるクラブラウンジの設備や料理も美味しく、六本木駅直結の立地も最高。高額な料金設定も頷けます。しかし、個人的にはパークハイアットの方が居心地が良くて好きです。宿泊料金もパークハイアットと変わらないので今後もリッツよりもパークハイアットに泊まると思います。リッツに泊まる機会は増えそうにありません。

関連記事

ザ・リッツカールトン東京 53階クラブラウンジ
ザ・リッツカールトン東京 53階クラブラウンジ アフタヌーンティセット
ザ・リッツカールトン東京 2階デリ&カフェ ランチ
ザ・リッツカールトン東京 モダンビストロ・タワーズ朝食   

ホテル情報・宿泊予約

ホテル名:リッツカールトン東京
ホテルチェーン:ザ・リッツ・カールトン
運営会社:ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーL.L.C.
所在地:〒107-6245 東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
最寄り駅:東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線 六本木駅スグ
宿泊予約:ザ・リッツ・カールトン東京 [一休.com]
ホテル内レストラン予約:ザ・リッツ・カールトン東京 [一休.comレストラン]