高級ホテル宿泊記

毎年世界一周旅行。年間100日以上をホテルで過ごす、真夜中のベルボーイによる世界の高級ホテル宿泊記。

ターキッシュエアラインズ B777-300ER ビジネスクラス TK53 成田→イスタンブール 搭乗記 2018年

f:id:richweb:20180801184418j:plainTurkishairlines:B777-300ER Businessclass Cabin

ターキッシュエアラインズのビジネスクラスの様子を紹介します。

ターキッシュエアラインズは、ANA/全日空と同じスターアライアンスに加盟するトルコ国営のフラッグ・キャリア。日本からは成田からイスタンブールへの直行便がデイリーで運航しています。

最大の特長は機内食のレベルが高いこと。長距離便にシェフが同行して質の高い料理を提供する「フライング・シェフ」が好評です。評判通り、上空とは思えない美味しい機内食を堪能できました。

 

目次

シート&設備&アメニティ(WiFiあり)

f:id:richweb:20180801192400j:plainTurkishairlines:B777-300ER SeatMap
画像引用元:B777-300 ER Wide-Body | Fly Different | Turkish Airlines ®

今回搭乗した機材はJAL、ANAともにフラグシップ機として使用しているボーイングB777-300ER。ターキッシュエアラインズはおもにイスタンブールとアジア、北米、南米を結ぶ長距離路線に投入しています。

座席数はビジネスクラス49席、エコノミークラス300席の合計349席。 シートマップの通り、ビジネスクラスキャビンはギャレーを挟んで2つの区画に分かれています。後方の区画のビジネスクラスキャビンはエコノミー乗客が搭乗する際の通路にもなるため、前方のキャビンの方がより落ち着いたボーディングタイムを過ごせます。

f:id:richweb:20180801184447j:plainTurkishairlines:B777-300ER Businessclass Cabin for 2 passenger seat

f:id:richweb:20180801184441j:plainTurkishairlines:B777-300ER Businessclass Cabin for 3 passenger seat

ビジネスクラスキャビンのシート配列は長距離路線では珍しい2-3-2。隣席との間隔の狭いプライバシー性の低い設計のため、気心知れた家族や友人との旅行にはニーズがありますが、1人利用の際は隣人が気になることも(簡単なパーテションはあります)。窓側の座席から通路へ出る際は当然配慮が必要です。

f:id:richweb:20180801184503j:plainTurkishairlines:B777-300ER Businessclass Cabin 

f:id:richweb:20180801184626j:plainTurkishairlines:B777-300ER Businessclass Cabin

TK53便は成田を21時台に出発する深夜便のためか、離陸後にマットレスを設置してもらえます。

f:id:richweb:20180801184608j:plainTurkishairlines:B777-300ER Businessclass Cabin

オットマンはシートと分離していてシートをフラットに傾けると接地してベッドの一部になります。蓋を開けると収納として利用できます。

この他に、席ごとに電源コンセントがあり、日本のプラグをそのまま差し込められる形状です。

f:id:richweb:20180801190251j:plainTurkishairlines: Businessclass Amenity Goods

ビジネスクラスの乗客にはフランスのアパレルブランド「クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)」がデザインした革製のアメニティポーチが配布されます。ポーチの中身は特別レアアイテムはなく、歯ブラシ、クシ、耳栓、靴下、アイマスクなど、一般的なアイテムが一通り揃っています。 この他にスリッパ、マットレス、掛け布団が用意されます。パジャマはありません。

f:id:richweb:20180801190341j:plainComplimentary access for Turkishairlines Wi-Fi

機内WiFiが使えました。

ビジネスクラスの乗客は利用時間、容量の制限なく無料で使えます。指定されたURLにアクセスして名前と座席番号、もしくは航空券番号を入力するとインターネットに繋がります。今回は途中で途切れることなく円滑にWebサイトやツイッターにアクセスできました。

f:id:richweb:20180801190327j:plainComplimentary access for Finnair Wi-Fi

また、エコノミークラスなどの乗客も有料でWi-Fiを使用できます。料金は1時間9.99USD、24時間14.99USD、クレジットカードで購入します。

BACK TO INDEXBack to Index

機内食

f:id:richweb:20180801184930j:plainTurkishairlines:Flying Chef

冒頭でもお伝えした通り、同社の長距離便はシェフが同乗して料理を振る舞う「フライング・シェフ」というサービスがあります。同社のケータリング業務を受託しているオーストリアのDo&Co社が提供する機内食は美味しいと評判で「ターキッシュの機内食は世界一」との声も耳にします。

同便の機内食は、離陸後のディナーと着陸2時間前からの朝食の計2食。朝食に関しては、ホテルの朝食予約のようなアンケート用紙が配布され、就寝前に食べたい料理をチェックしてCAに渡します。

肝心のお味は噂通りのクオリティで大満足。上空でこれほどレベルの高い料理を提供できるなんて...さすがです。

BACK TO INDEXBack to Index

ディナー:お寿司&トルコ料理

f:id:richweb:20180801184650j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST Menu List

f:id:richweb:20180801184710j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Dinner)

離陸直後のディナーで最初に出てきたのはなんとお寿司...

f:id:richweb:20180801184821j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Dinner)

トルコ料理を堪能して異国情緒に浸ろうと考えていた矢先の出来事。

出鼻を挫かれましたが成田空港第1ターミナルにある回転寿司よりも美味しかったです。ワサビは別添えなので大阪の寿司屋のようなトラブルも起こりません。

f:id:richweb:20180801184836j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Dinner)

スターターは3種類のメニューから最大2種類選択できました。チョイスしたのはトルコ前菜とマッシュルームスープ。日本国内にある"普通の"トルコ料理レストランよりもずっと美味しかったです。地上で食事をしている感覚で空の上とは思えないクオリティ。 これには驚きました。パンも温かくて美味しい。

f:id:richweb:20180801184849j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Dinner)

特にマッシュルームスープが濃厚な味わいで絶品。

f:id:richweb:20180801184906j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Dinner)

メイン料理は「ビーフのグリルフィレット&レッドペッパーのローストとブロッコリーソテー、ピラフ」を選択。ビーフはやや固めで味も薄く、"とても美味しい"というわけではないものの機内食としては合格。キャセイパシフィック航空やJAL/日本航空のビジネスクラスのステーキよりも好きです。

つけ合わせのパプリカはブヨブヨしていてパスしましたが、その他は美味しく食べられました。

f:id:richweb:20180801185429j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Dinner)

デザートはワゴンから好きなものを好きなだけ選べます。メニューは、伝統的なトルコ菓子、ティラミス、オレンジマーマレードケーキ、ストロベリーアイスクリーム、チーズ盛り合わせ、フレッシュフルーツサラダなど。

f:id:richweb:20180801190051j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Dinner)

全種類食べたかったけどすでにお腹がいっぱいだったのでティラミスとフレッシュフルーツサラダをピックアップ。ティラミスは今まで食べたティラミスの中で5本の指に入る絶品。フルーツも鮮度が良くて美味しい。ビジネスクラスで提供されたフルーツの中では間違いなくトップレベルです。

デザートを食べるためにお腹に余裕を残しておくことをおすすめします。

(コーヒーは薄めで独特な味わい。トルコのコーヒーなのでしょうか?)

BACK TO INDEXBack to Index

朝食:洋食

f:id:richweb:20180801190102j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Breakfast)

朝食は和食と洋食、2種類のコースから洋食を選択。

フルーツはやっぱり美味しいです。

f:id:richweb:20180801190114j:plainTurkishairlines:Businessclass In-Flight Meal NRT→IST(Breakfast)

一般的に機内食のオムレツは焼き加減が難しく、玉子焼きのように固くなってしまうケースがありますが、なかなか上手に焼き上げられていました。

BACK TO INDEX