高級ホテル宿泊記

世界の高級ホテル宿泊記。5つ星ホテル/ファーストクラス/機内食/空港ラウンジ/レストラン

JALカード入会で最大10,600マイルプレゼント詳細はこちら

【宿泊記】W台北 斬新なデザインと演出で従来の高級ホテルのイメージを覆すマリオット加盟のデザイナーズホテル

W Taipei

台北で、マリオット・インターナショナルに加盟する日本未上陸のイケイケデザイナーズブランドW Hotelsに記念すべき初滞在!料金は2泊で20,940元(≒72,500円/税サ込総額)。

個性的なインテリアとライティング、クラブミュージックが流れるプールやラウンジ。従来の高級ホテルのイメージを覆すエッジが効いた斬新なデザインと演出に圧倒されました。好き嫌いはハッキリ分かれるだろうが使い方を間違えなければ素晴らしいホテルです。たとえば高齢の両親を招くには不向きですが、気の合う友人や恋人と泊まるなら最高の遊び場と言えます。(客室タイプによっては、お風呂は部屋から丸見えなのでご注意ください!)

2013年開業で設備が新しく、フルサービス対応、さらに館内のレストランの料理も充実。最上フロアにあるYEN CHINESE RESTAURANT(紫艶中餐庁)の北京ダックは絶品でした。

このページでは、自分自身の振り返りを兼ねてW台北(W Taipei)2泊3日の宿泊記を紹介します。

記載情報は宿泊・確認した時点の内容を反映しています。最新の情報は公式サイトを必ずご確認ください。

W台北:夜になると一際赤いネオンが目を惹くホテル外観。低層階には大手百貨店「統一時代百貨」が入居

夜になると一際赤いネオンが目を惹くホテル外観。低層階には大手百貨店「統一時代百貨」が入居

W台北:Wマークが赤く輝き昼間とは異なる表情を魅せる真夜中のエントランス

Wマークが赤く輝き昼間とは異なる表情を魅せる真夜中のエントランス

W台北:エレベーターホールに投影されたマリオット・ボンヴォイのロゴマーク

エレベーターホールに投影されたマリオット・ボンヴォイのロゴマーク

W台北:クラブのようなライトニングが施された10階ロビーフロア。正面のカウンターでチェックイン手続きを行う

クラブのようなライトニングが施された10階ロビーフロア。正面のカウンターでチェックイン手続きを行う

W台北:10階屋外プール。DJ常駐してクラブミュージックで盛り上げる「プールパーティー」を定期開催

10階屋外プール。DJ常駐してクラブミュージックで盛り上げる「プールパーティー」を定期開催

W台北:プールサイドのバースペース「WETBAR」 他所とは対称的なブルーを基調としたデザイン

プールサイドのバースペース「WETBAR」 他所とは対称的なブルーを基調としたデザイン

屋外プール&WETBARの記事を読む(ページ下部へ移動)

W台北:10階チェックインカウンター横の深夜まで営業している「WOOBAR」は夜はクラブミュージックが流れるホットスポットに様変わり。プラチナステータス以上のマリオット・ボンヴォイ会員はティータイム&ハッピアワーを無料で招待

10階チェックインカウンター横の深夜まで営業している「WOOBAR」は夜はクラブミュージックが流れるホットスポットに様変わり。プラチナステータス以上のマリオット・ボンヴォイ会員はティータイム&ハッピアワーを無料で招待

ティータイム&ハッピーアワー@WOOBARの記事を読む(ページ下部へ移動)

最上フロアには台北101の眺めを楽しめるオシャレ空間「YEN BAR(紫艷酒吧)」 アフタヌーンティーセットも人気

最上フロアには台北101の眺めを楽しめるオシャレ空間「YEN BAR(紫艷酒吧)」 アフタヌーンティーセットも人気

ハッピアワー@YEN BAR(紫艶酒吧)の記事を読む(ページ下部へ移動)

W台北:10階THE KITCHEN TABLEでのビュッフェ形式の朝食は中華が特に美味しい。搾りたてのフルーツジュースとお粥がおすすめ!プラチナエリート以上のマリオット・ボンヴォイ会員は朝食無料特典を選択可

10階THE KITCHEN TABLEでのビュッフェ形式の朝食は中華が特に美味しい。搾りたてのフルーツジュースとお粥がおすすめ!プラチナエリート以上のマリオット・ボンヴォイ会員は朝食無料特典を選択可

朝食@THE KITCHEN TABLEの記事を読む(ページ下部へ移動)

W台北:同じく最上フロアの「YEN CHINESE RESTAURANT(紫艶中餐庁)」では落ち着いた雰囲気の中で超絶美味しい飲茶を含む中華料理を堪能 北京ダックは絶品!

同じく最上フロアの「YEN CHINESE RESTAURANT(紫艶中餐庁)」では落ち着いた雰囲気の中で超絶美味しい飲茶を含む中華料理を堪能 北京ダックは絶品!

W台北:絶品北京ダックは半羽(12PCS+α)でたったの1,300元(≒4,500円)

絶品北京ダックは半羽(12PCS+α)でたったの1,300元(≒4,500円)

ランチ@YEN CHINESE RESTAURANT(紫艷中餐廳)の記事を読む(ページ下部へ移動)

W台北:有酸素運動から筋トレまであらゆるニーズに応える豊富なラインナップ!テクノジム社のトレーニングマシンが設置されたフィットネスジムは24時間営業

有酸素運動から筋トレまであらゆるニーズに応える豊富なラインナップ!テクノジム社のトレーニングマシンが設置されたフィットネスジムは24時間営業

フィットネスジムの記事を読む(ページ下部へ移動)

マリオット・ボンヴォイ プラチナ/チタン/アンバサダー会員特典

W台北(W Taipei)では、マリオット・インターナショナルのロイヤリティプログラム「マリオット・ボンヴォイ」の上級会員であるプラチナ/チタン/アンバサダー会員に向けて次の特典を用意しています。

  • スタンダードスイートを含む客室アップグレード(空室状況による)
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • WOOBARでのコーヒー/紅茶の提供(10~17時)
  • WOOBARおよびYEN BARでのハッピーアワー(17~19時)
  • インターネットアクセス無料
  • ミネラルウォーター(Evian)の提供
  • ウェルカムギフトとして朝食無料 or 1,000ポイント贈呈

クラブラウンジがない代わりに、屋外プールの近くにあるWOOBARおよび最上階のYEN BARでドリンクを無料で提供。どちらもとても雰囲気が良くておすすめ。

客室については、スタンダードルームのゲストルーム/シティビューを予約したところ、台北101ビューの「ゲストルーム/台北101ビュー」にアップグレードしてもらえました。

  • ゲストルーム/シティビュー【予約した客室】
  • ゲストルーム/台北101ビュー【アサインされた客室】
  • クールコーナールーム
  • 1ベッドルームスイート/シティビュー
  • 1ベッドルームスイート/台北101ビュー
  • WOWスイート
  • エクストリームWOWスイート

BACK TO INDEXBack to Index 

客室:ゲストルーム/台北101ビュー

W台北:ゲストルーム/台北101ビュー客室

ゲストルーム/台北101ビュー

アサインされた客室からは509.2mもの高さを誇る台湾一の超高層ビル「台北101」が見えました。間取りはスタンダードルームと同じですが、正面に台北101聳え立っているだけでテンション上がりますね。

料金は、スタンダードルームと比べて1泊あたりおよそ1,500元(≒4,500円)高いです。今回はチタンエリート会員特典が適用されたため追加料金なく無料でアップグレードされました。ラッキー。

カラフルで奇抜なデザイン、ベッドルームとお風呂を仕切る扉が完全に締まらない、風呂と脱衣所のガラス扉がないなど、デザインを優先した構造のため好みがハッキリ分かれますが、私を含め好きな人にはハマるでしょうね。2013年開業で設備も新しく、トイレにはウォッシュレットも付いて、電源や照明含め総じて快適でした。

W台北:客室は13階~30階に405室。今回アサインされた客室は高層階の26階。階数によって台北101のアングルも変化する。

客室は13階~30階に405室。今回アサインされた客室は高層階の26階。階数によって台北101のアングルも変化する。

W台北:窓際にある大きめのソファに座りながら思い思いの時を過ごす

窓際にある大きめのソファに座りながら思い思いの時を過ごす

W台北:   光沢のあるビジネスデスクに革張りチェア。コンセントボックスもあるのでパソコン仕事もできます。キューブ型のクローゼットはミニバーコーナー。

光沢のあるビジネスデスクに革張りチェア。コンセントボックスもあるのでパソコン仕事もできます。キューブ型のクローゼットはミニバーコーナー。

W台北:ミニバーコーナーにはアルコール飲料、ソフトドリンク、スナック等がしっかり用意されています。

ミニバーコーナーにはアルコール飲料、ソフトドリンク、スナック等がしっかり用意されています。料金は確認し忘れました。

W台北:オレンジ色のガラスを用いたバスルームは洗い場と脱衣所を仕切る扉がないのでシャワー使用時は水が飛び散らないように注意。さらに、ベッドルームとバスルームを仕切る扉が完全に締まらないので丸見え...汗

オレンジ色のガラスを用いたバスルームは洗い場と脱衣所を仕切る扉がないのでシャワー使用時は水が飛び散らないように注意。さらに、ベッドルームとバスルームを仕切る扉が完全に締まらないので丸見え...汗

W台北:シャンプー・コンディショナー等のバスアメニティは世界中のW hotelで提供されている「bliss」見た目通りさっぱり甘い香りがします。

シャンプー・コンディショナー等のバスアメニティは世界中のW hotelで提供されている「bliss」見た目通りさっぱり甘い香りがします。

W台北:アメニティボックスやコップもオシャレ。

アメニティボックスやコップもオシャレ

W台北:トイレは完全個室なので外から覗かれる心配もありません(笑)TOTO製のウォッシュレット機能付き!嬉しい!

トイレは完全個室なので外から覗かれる心配もありません(笑)TOTO製のウォッシュレット機能付き!嬉しい!

W台北:眺めが良いとテンション上がるよね

眺めが良いとテンション上がるよね

BACK TO INDEXBack to Index 

屋外プール(24時間営業)&WETBAR

W台北:昼間の"よくある屋外プール"だが、夜になると突如エッジの効いたWらしい表情を魅せてくれる

昼間の"よくある屋外プール"だが、夜になると突如エッジの効いたWらしい表情を魅せてくれる

W台北(W Taipei)の施設で最も特筆すべきは10階ロビーフロアにある24時間営業の屋外プール。世界広しと言えど24時間営業のホテルプールは中々ありません。さらに温水機能付きなので夜間や少し肌寒い時期の遊泳も大丈夫。

日中はクラブミュージックがガンガン流れています。プールサイド・ソファでの食事や飲み物が注文できて、バー(WETBAR)も隣接。滞在した日はプールパーティーが開催され盛り上がっていました。クラブのような雰囲気だけど客層は六本木とかのクラブよりも遥かに良いです(他人に危害を加える酔っ払いはいないし客同士の喧嘩もない)。ホテルプールには「豪華」「優雅」といった印象を持つことはあれど「カッコいい」と感じたことはW台北が初めて。

W台北:プールサイドには多数のプールベッドやソファがあり、フード・ドリンクのオーダーが可能。水着でなくても飲食用途でも利用できる。一部喫煙エリア。

プールサイドには多数のプールベッドやソファがあり、フード・ドリンクのオーダーが可能。水着でなくても飲食用途でも利用できる。一部喫煙エリア。

W台北10階屋外プール:夜は赤を基調としたライトニングが施されて昼間と違った雰囲気に。

夜は赤を基調としたライトニングが施されて昼間と違った雰囲気に。

W台北:WETBAR

WETBAR

W台北:10階WETBAR

WETBAR

W台北:10階WETBAR

WETBAR

BACK TO INDEXBack to Index 

ティータイム&ハッピーアワー@WOOBAR

WOOBAR

WOOBAR

10階屋外プール横にあるスタイリッシュな内装のWOOBARは一般的なホテルでいうロビーラウンジですが、夜はライティングされてクラブのような雰囲気に様変わり。深夜2時まで営業。昼夜2つの顔を持ち合わせた大人の遊び場

滞在時には、ティータイム(10時~17時)とハッピーアワー(17時~19時)で利用。「マリオット・ボンヴォイ」の上級会員であるプラチナ/チタン/アンバサダー会員は、一部のドリンクを無料で注文できます。プールサイドでのオーダーもOK。素敵な空間で過ごす時間は一般的なホテルのクラブラウンジよりも特別感があります。

夕暮れ時のハッピーアワー(17時~19時)にプールサイドのチェアに腰掛けてのんびり過ごすのもおすすめです。

ドリンクメニューに記載はありませんが、モクテル (ノンアルコールカクテル)も頼めます。お酒を飲まない人も楽しめる配慮ができているのはさすがです!謝謝!

WOOBAR

WOOBAR

WOOBAR

WOOBAR

W台北:ハッピーアワーのメニューはWOOBARと同じ。カクテルメニューをベースにモクテル(ノンアルコールカクテル)の提供も可能。

ハッピーアワーのメニュー。カクテルメニューをベースにモクテル(ノンアルコールカクテル)の提供も可能。

BACK TO INDEXBack to Index 

ハッピアワー@YEN BAR(紫艷酒吧)

W台北:YENBAR(紫艶酒吧)

YENBAR(紫艶酒吧)

W台北:YENBAR(紫艶酒吧)

YENBAR(紫艶酒吧)

最上階(31階)の一画にあるYEN BAR(紫艶酒吧)は、紫がアクセントのスタイリッシュなバー。お昼から深夜まで台湾一の超高層ビル「台北101」を眺めながらアフタヌーンティーやドリンクを楽しめます。

今回はハッピーアワー(17時~19時)の時間に利用しましたが、WOOBARやWETBARにはない高層階ならではの魅力がありました。用途や気分に応じて「遊び場」が選べる点はW台北(W Taipei)の大きな魅力。

W台北:ハッピーアワーのメニューはWOOBARと同じ。カクテルメニューをベースにモクテル(ノンアルコールカクテル)の提供も可能。

ハッピーアワーのメニューはWOOBARと同じ。カクテルメニューをベースにモクテル(ノンアルコールカクテル)の提供も可能。

BACK TO INDEXBack to Index 

朝食@THE KITCHEN TABLE

10階ロビーフロアのゲストルームエレベーターすぐ横にある「THE KITCHIN TABLE」は、館内唯一のオールデイダイニングで朝・昼・夕の3回にビュッフェ形式で料理を提供しています。

今回の滞在では朝食ビュッフェを利用しました。

料金は通常大人1人あたりおよそ1,000元(≒3,500円)。「マリオット・ボンヴォイ」の上級会員であるプラチナ/チタン/アンバサダー会員は2名まで朝食無料、もしくは1,000ポイント贈呈を選択できるので朝食無料を選びました。

中華と洋食を中心に品ぞろえ豊富で味も良し!おすすめは中華粥、焼きそば、炒飯、餃子などの中華料理。滞在した2日間は、ランチにYEN CHINESE RESTAURANTの北京ダックが控えていたのであまり食べれなかったけど、お金を払っても食べる価値のあるクオリティの高さでした。

W台北:THE KITCHEN TABLEは10階ロビーフロアのエレベーターすぐ横にある館内唯一のオールデイダイニング

THE KITCHEN TABLEは10階ロビーフロアのエレベーターすぐ横にある館内唯一のオールデイダイニング

W台北:テーブルセットも一味違う

テーブルセットも一味違う

W台北 THE KITCHEN TABLE:個人的なおすすめNo1メニューは中華粥!トッピングを多数揃えているのでたくさん食べても飽きない!?

個人的なおすすめNo1メニューは中華粥!トッピングを多数揃えているのでたくさん食べても飽きない!?

W台北:中華粥のトッピングは無限大!

中華粥のトッピングは無限大!

W台北:シェフがライブキッチンで調理した焼きたて蒸したての餃子シュウマイが食べ放題

シェフがライブキッチンで調理した焼きたて蒸したての餃子シュウマイが食べ放題

W台北:本場?の焼きそばはビュッフェでも美味しい。ピリ辛の水煮牛肉も絶品!

本場?の焼きそばはビュッフェでも美味しい。ピリ辛の水煮牛肉も絶品!

W台北:プリプリの海老の入ったあっさりチャーハンも美味しい!

プリプリの海老の入ったあっさりチャーハンも美味しい!

W台北:ベーコン、ソーセージ、ハム、スクランブルエッグなどの定番ウエスタン料理も。

ベーコン、ソーセージ、ハム、スクランブルエッグなどの定番ウエスタン料理も。

W台北 THE KITCHEN TABLE:フレッシュジュースはその場でスタッフがミキサーで搾りたてを作ってくれる。スイカジュースが美味しかった。

フレッシュジュースはその場でスタッフがミキサーで搾りたてを作ってくれる。スイカジュースが美味しかった。

W台北:10種類ものフレーバーのアイスクリームを朝から食べ放題

10種類ものフレーバーのアイスクリームを朝から食べ放題

BACK TO INDEXBack to Index 

ランチ@YEN CHINESE RESTAURANT(紫艷中餐廳)

YEN CHINESE RESTAURANT(紫艷中餐廳):上品で開放感のある店内。営業時間はランチは11時30分~14時30分、ディナー18時~22時。ともに予約可能。

上品で開放感のある店内。営業時間はランチは11時30分~14時30分、ディナー18時~22時。ともに予約可能。

最上階(31階)にある、中華料理レストランYEN CHINESE RESTAURANT(紫艶中餐庁)は、料理・雰囲気・サービス・料金、4拍子揃ったおすすめのレストラン。自分史上最も満足度の高い中華料理店でした

特に北京ダックは皮だけでなく肉まで食べれて(さすが本場!)超絶美味しいのに半羽(12pcs+α)でたったの1,300元(≒4,500円)。日本の同クラスのホテルレストランの3分の1の価格です。日本で北京ダックが頼めなくなるコスパの高さで思わず2日連続頂きました(笑)

飲茶も美味しかったし、開放感があって豪華な内装、眺めも良く、スタッフのサービスは文句なし。書きたいことが多すぎるので別記事で詳しく紹介する予定。

W台北:絶品北京ダックは半羽(12PCS+α)でたったの1,300元(≒4,500円)

絶品北京ダックは半羽(12PCS+α)でたったの1,300元(≒4,500円)

YEN CHINESE RESTAURANT(紫艷中餐廳):北京ダックは目の前でシェフが調理した後スタッフがラッピングと盛り付けをしてくれる。

北京ダックは目の前でシェフが調理した後スタッフがラッピングと盛り付けをしてくれる。

YEN CHINESE RESTAURANT(紫艷中餐廳):本場(?)の北京ダックは皮だけでなくお肉も食べられるのでお腹がいっぱい!

本場(?)の北京ダックは皮だけでなくお肉も食べられるのでお腹がいっぱい!

YEN CHINESE RESTAURANT(紫艷中餐廳):小籠包をはじめとした飲茶も胃袋が一つしかないのが悔やまれるほど美味しい。

小籠包をはじめとした飲茶も胃袋が一つしかないのが悔やまれるほど美味しい。

YEN CHINESE RESTAURANT(紫艷中餐廳):美味しすぎてクレームを言ってしまいそうだったデザート。中は温かい胡麻アンコ。

美味しすぎて気絶しそうになったデザート。中は温かい胡麻アンコ。

BACK TO INDEXBack to Index 

フィットネスジム:24時間営業

W台北:24時間営業。日中は入口付近のカウンターにスタッフが常駐しサインをして入室、夜間は不在のためルームキーをかざして入室します。土足OK。ウェアおよびトレーニングシューズの貸出しは未確認。

24時間営業。日中は入口付近のカウンターにスタッフが常駐しサインをして入室、夜間は不在のためルームキーをかざして入室します。土足OK。ウェアおよびトレーニングシューズの貸出しは未確認。

12階にある24時間営業のフィットネスジムは、ランニングマシン(トレッドミル)などの有酸素運動系はもちろん、スミスマシンやケーブルステーション、ダンベル等の筋トレ系の器具も用意されていて量・質・スペースいずれもハイスペックなホテルジム。

機械・器具の豊富さを国内ホテルと比べると、アンダーズ東京、グランドハイアット東京、パークハイアット東京、ザ・リッツ・カールトン京都よりも上。フォーシーズンズ京都よりはやや少ないかなと言った感じ。ホテルのフィットネスジムなので極端に混み合うこともなく、近所にあれば喜んで入り浸るレベルです。今回利用していませんgな、シャワールームやサウナも同じフロアにあるので運動後もサッパリできて最高でしょう。

24時間営業フィットネスジム:広々としたフリーウェイトエリアにはスミスマシンやダンベルなどを用意

広々としたフリーウェイトエリアにはスミスマシンやダンベルなどを用意

W台北:ケーブルステーションで色々な部位をトレーニングすることができる。

ケーブルステーションがあるので色々な部位をトレーニングすることができる。

24時間営業フィットネスジム:エアロバイク

エアロバイク

W台北:同じフロアにはスパがあり、ジェットバスやサウナを無料で利用できます。

同じフロアにはスパがあり、ジェットバスやサウナを無料で利用できます。

 BACK TO INDEXBack to Index